×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

某国に技術移転シリーズ4 「日本人放置プレイ編 」
千葉県民 ◆P7zGfVUkPs氏 1 2 3 4 5 6 7 8 9




427 名前:千葉県民 ◆P7zGfVUkPs 投稿日:2005/05/07(土) 18:58:23 ID:mVYyj4fw

それでは言葉に甘えまして投下。 

さて、その時の私は某国訪問数回目でした。 
場所は某国ご自慢ではありませんが(自粛)の(また自粛)を作成しているところです。 
例の 青空と焚き火と仮設トイレの工場(なんつー表現だ)とは別口です。 
今回の話をする前に、少し脇道にそれますが、話の都合上、仕事の進め方に関して 
多少の説明が必要かと思われますので、多少おつきあいください。 

技術移転には、テキスト、言語共に原則として日本語が使われます。 
ここの読者の方々には自明でしょうが、『いろいろな』理由からです。(苦笑) 
ここら辺、話と理解が早い方ぞろいなのが、説明する私としては大助かりです。 
失礼に当たるかもしれませんけれども「一般」の方々ですと、一から説明する必要がある 
のですから。 

進行方法としては、某国の技術が理解できる通訳(Kさん等の有能な通訳の事)が 
重要な役割を果たしています。 

@筆者が日本語で説明する 
A通訳が某国語で訳す 
B某国人技術者(複数)が、某国語で質問をする。 
C通訳が日本語になおして、筆者に質問する。 
以下@に戻り繰り返し。 

日本で同じ事を進める場合の、最低二倍以上の時間と手間がかかります。 
勘の良い読者ならば気づかれたかもしれません。 
「二倍以上?」 
その通りです(汗) 

前振りが終わりましたので、以下いくつかの技術指導時の困った実例を紹介します。 


------------------------------------------------------------
428 名前:千葉県民 ◆P7zGfVUkPs 投稿日:2005/05/07(土) 19:08:17 ID:mVYyj4fw

承前 日本人放置プレイ編 

登場人物 
K通訳(某国人。毎度おなじみ、いろんな意味での万能通訳。県民とコンビを組む)  
K取締役(トリに出て来ます) 
K部長(いわゆる、何でも口出すうるさ型。このようなタイプ、日本にもいるはずです) 
K工場長(プチK部長。やることなす事K部長そっくり) 
K課長(某国人としては小心者。少々気が弱いか?) 
K係長(実質的なキーマン。現場ではこの人が仕切る。切れ者。鼻っ柱強い。元海兵隊) 
Oオペレータ(温厚。通訳Kさんと気が合うようだ) 
Rオペレータ(影の薄い人。その後、風の噂では会社をやめたらしい) 

さて、気がついたと思いますが、このケースでもKさんだらけです。 
それで認識上どうするかというと、役職で認識します。 

某国においては、現場で技術移転を行う場合、現場に工場長以上の人間が来ることは 
まずありません。(トラブル、クレーム等の場合は別です) 
平均すると、出席者は、通訳のKさんを除くと、オペレーター数名、班長は必須として 
課長が来るかこないか。(もっとも課長のタイプによもよります)という所でしょう。 
ただし、最初の訪問時だけは挨拶と面通しの為に面会するのが通例です。 

@筆者が日本語で説明する 
A通訳が某国語で訳す 
B某国人技術者(複数)が、某国語で質問をする。 
C通訳が日本語になおして、筆者に質問する。 
以下@に戻り繰り返し。 
このサイクルを繰り返す中で、AとBの段階に問題が発生する場合が度々在ります。 
通訳と某国人技術者達の間で、あるいは某国人技術者の間で言い争いが起きる場合が 
在ります。 


------------------------------------------------------------
430 名前:千葉県民 ◆P7zGfVUkPs 投稿日:2005/05/07(土) 19:19:21 ID:mVYyj4fw

承前 

その場合、某国人同士で喚き合い、どなりあい、筆者はポツンと一人取り残される 
羽目になります。 
さて、その日も、いつものようにK課長とK係長が喚き合いを始めました。 
仕方ネーヤと言う感じで見ているOさんとRさん。 
それは良いのですが、K通訳までが参戦しました。_| ̄|○騒音が5割増しです。 
ここら辺が筆者のよくわからないところですが、ここで2対1になるのならともかく 
1対1対1になっているようです。 
もうK通訳も筆者に説明する余裕などありません。文字通り唾を飛ばして喚き合っています。
そこへ、筆者が恐れていた事態が起こりました。 

誰が御注進したのかはわかりませんが、向こうからK工場長が急速接近してきます。 
もう、後は起こるべき状況になりました。 
当然、仲裁に入る訳がありません。騒音がさらに3割ほど増加しました。 
OさんとRさんは既にカンネンしたらしく、マターリモード。 
禁煙でなければタバコをふかしかねない状況です。 
しかし、そこへ普段なら来るはずもないK部長ともう一人がやってまいりました。 
騒音がさらに2割ほど増加します。 
(中略) 

そこへ、他を圧する怒鳴り声が響きわたりました。 
一発で静まりかえる、工場内。直立不動になる一同(筆者を除く)。 
工場長と部長は速やかに退散し、その人物は穏やかに私に語りかけました。 
K取締役「(流ちょうな日本語で)県民さんは、どこからいらっしゃいましたか?」 
愕然とする筆者。  


------------------------------------------------------------
432 名前:千葉県民 ◆P7zGfVUkPs 投稿日:2005/05/07(土) 19:28:40 ID:mVYyj4fw

承前 

もうおわかりかと思いますが、初老の取締役は日帝支配時代の教育を受けた世代です。 
残念なことに、聞き取りの方は長い間使わなかったため、さびついているそうですが 
筆者も、今となってはあの取締役が、チンイルパの疑いを掛けられているのではないかと 
心配しています。(半分冗談) 

あの一瞬以降、その取締役とはろくに言葉を交わしてはいませんが・・・・ 
出来ればもう一度お会いして、その時のお礼を申し上げたいものです。 

以上 困ったことと、助かった事でした。