×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

某国に技術移転シリーズ3 「チョパーリは、絶対何か隠しているに違いないニダ!」
千葉県民 ◆P7zGfVUkPs氏 1 2 3 4 5 6 7 8 9




28 名前:千葉県民 ◆P7zGfVUkPs 投稿日:2005/05/05(木) 08:50:52 ID:FbcsQkYt

それでは、お言葉に甘えて投下 

チョパーリは、絶対何か隠しているに違いないニダ!編 

何でもそうなのですが、指導をする時に一番重要なのは 
「安全上や機械保全に関わる」禁止事項を徹底することです。 
当然の事ながら、納入時の研修においても、指導においても、まず真っ先にやるのは 
安全(人間のため)と保安上(機械のため)の注意事項です。 
少し堅苦しく言うと 
「人体または機械に対し一時的、または永久的な障害が発生する」恐れがある事を 
禁止事項として、一番最初に指導します。 
しかし、人間の精神に関してまでは考慮されておらず 
A.一時的、または永久的な障害が発生している人間(国籍問わず) 
B.そのクレームを受けた人間が一時的、または永久的な障害に陥る事に対して 
の禁止事項と考慮が無いのが困りものです。 

某国人の技術者達の一部(だと良いなあ)の中の人には 
「奴が禁止した理由は、そこにチョパーリの技術的秘密があるからに違いないニダ!」 
という天をも恐れぬ思考と所行をする者が後を絶たないのです。 
一つ一つのケースに対し説明をするのはとても不可能(文字通り、一つのスレを使い尽く 
しても足りないと予測)なため、典型的なパターンを紹介します。 

何処でもそうだと思いますが、営業、設計、技術、組立、サービスの職制が別れている 
所は、何かの事件が起きたとき、何処がどう動くかというのは厳密に決められています。 

第一段階 出先の現地サービスマン(日本人ばかりではないことが多い)の対応 
第二段階 日本の工場にいる組立の派遣 
第三段階 日本人エンジニアの派遣 
第四段階 設計室室長級の派遣 
第五段階 会社を挙げた対応 


------------------------------------------------------------
29 名前:千葉県民 ◆P7zGfVUkPs 投稿日:2005/05/05(木) 08:53:15 ID:FbcsQkYt

承前 

但し、某国のように日本に近い場所の場合、いろいろな理由から現地のサービスマンを 
置かずに、直接日本から組立が修理に向かう場合が多くなります。 

某国からのクレームに組立が行ってみると・・・・ 
どう見ても「やるな」と言うことをやっているのだそうです。 
これは某国戦闘機のブラックボックスをかち割った思考方法と相通ずるものがあり 
それ自体は問題なことは問題なんですが、ある意味理解できないことはありません。 
むしろ、やらない方が不思議でしょう。 
困ったことは、全くなんの関係もない部分まで開けられていじられていることです。 
そして、此処の方々には自明でしょうが、彼らの言い方はこうです。 
「お前の所の機械が壊れた。どうしてくれる。無料でなおした上、謝(以下省略)」 

日本語の使い方から言うと、「壊れた」のではなくて「壊した」んでしょう。 
ああ、そういえば、あなた方の思考方法が壊れていますね。 
某国人に言いたいのですが、あなた方と異なり機械と機械部品は嘘をつかないんです。 
私達が、何も備えをしないでホイホイと機械を渡すと考えて居るのでしょうか。 
喜んで機械と技術を渡していると考えていませんよね? 
私達にとって、機械というのは我が子のような物なんですよ? 
我が子を傷物にされて、笑っている親が日本にいると考えているのですか? 

調査すれば、某国側の責任というのはすぐに判明します。 
どうするか?組立は即座に工具をもって、断固として帰ります。(笑い) 
困るのは某国人の方であって、私達ではありません。 
で、彼らはどうするかというと、営業の方にクレームをかけます。 
有り難いことに最近は営業も慣れてきまして、もうこんな事は滅多に在りませんが 
時々勘違いした上の方が、指導方法が悪いのではないかと調査を命じてきます。 


------------------------------------------------------------
31 名前:千葉県民 ◆P7zGfVUkPs 投稿日:2005/05/05(木) 08:59:44 ID:FbcsQkYt

承前 

あのですね。 
何のために私達が日本語版と英語版と韓国語版の三種類のマニュアル(図解入り)を作って 
渡していると考えているですか? 
某国人いわく、英語が得意な某国人のことですから 
まさか「読めない」とか「理解できない」などと言うことはありませんよね? 

私達はとても優しいので、あなた方が主張を撤回して、修理金額さえ支払いしてくれれば 
いくらでも修理に応じますよ。ええ。応じますとも。 

組立の妄言だ? 
私も某国と日本でのクレームにしばしば行って現場で見ますが・・・・・・ 
機械屋、舐めていませんか? 
部品をそっくり韓国製にすり変えたから、わからないだろうなんて考えが甘すぎます。 
部品レベルで「こんな仕事は、日本人ならば絶対にしません」 

日本人のエンジニアをだますなら、もう少し芸を磨いていただきたい物です。 

 今回は 此処まで。