×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パク・ソンナン事件
港 ◆asHRtOTOD2氏 ←10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 →21




784 名前:港 ◆asHRtOTOD2 投稿日:2005/07/11(月) 12:35:32 ID:dczFnaCm

各々方、投稿したい。 
かなり長くなるが、よろしいか? 


------------------------------------------------------------
787 名前:港 ◆asHRtOTOD2 投稿日:2005/07/11(月) 12:41:00 ID:dczFnaCm

書かせていただく。 
今日のも、かなり長くなる。読んでいる方々には、連投支援をお願いしたい。 

今日は、韓国プロレスネタである。 
以前より、韓国ではプロレスは完全に衰退してしまっている。 
プロボクシングは盛んなのだが、どうも、こういったプロレスのような 
「演出された戦い」をエンターテーメントとして楽しむのは現在の韓国人の 
感覚にはないらしい。 

さて、その前に、各々方には少々耳の痛い話をひとつ。 
以前このスレッドに、プロレスファンで大学院生の女性と、女子大生の 
二人組の投稿者がいた。 
彼女たちの書くネタは、かなり興味深かったし、何よりも語り口がうまくて 
多くのファンがいた。 
しかし彼女らに対して「休憩所での雑談は許さない」などと高圧的に 
批判する輩が現れ、彼女らも反論したのだが、結局的外れな罵倒の嵐で、 
彼女らは投稿をやめてしまった。 
俺は名無しのまま、擁護したのだが、あまり説得力は無かったようだ。 

このプロレスネタは彼女らが戻って来たときの歓迎用にとっておいたのだが、 
彼女らが来なくなって、もうしばらくたつ。 

おそらくは、もう戻ってこないようなので今日出してしまう。  


------------------------------------------------------------
792 名前:港 ◆asHRtOTOD2 投稿日:2005/07/11(月) 12:51:15 ID:dczFnaCm

前置きが長くなった。 
では、アントニオ猪木の「パク・ソンナン事件」についてである。 
これはコアなプロレスファンの間で、いまだに語り草になっている事件。 

韓国人レスラー朴松男(パク・ソンナン)は、アメリカ各地を転戦し韓国に 
凱旋したばかり。 
当時の韓国プロレスの次期エースに目されていた、なかなかの優秀なレスラー 
だったらしい。 
対する猪木は、いわずと知れたスーパースター。モハメド・アリ戦をはじめ、 
数々の異種格闘技戦を成功させ、当時世界的な知名度を誇っていた。 
パクもいい選手だったらしいが、名声・経済力・レスラーとしての実力、 
どれを取っても、やはり猪木には及ばない。 

さて、昭和51年10月、猪木をはじめとする新日本プロレスが、韓国に 
遠征に行った際の話である。 
連戦の後、パクと猪木の試合が組まれた。 

どうも、韓国プロレス側は、猪木が、次期エースのパクに勝ちを譲ってくれる 
と安易に思い込んでいたらしい。 
だが、事前の協議で新日側はそれを拒否。 
当然だ。 
猪木の「格闘技世界一」の称号は、多くの時間と金、そして、 
レスラー同士とは段違いのリスクのある試合をこなした末に勝ち得たものだ。 
韓国はプロレスの市場としては、それほど魅力のあるところではない。 

「格闘技世界一」の金看板に、こんなところで傷をつけるわけにはいかない。  


------------------------------------------------------------
794 名前:港 ◆asHRtOTOD2 投稿日:2005/07/11(月) 12:53:25 ID:dczFnaCm

韓国側は「引き分け」を持ち出すが、新日側はこれも拒否。 
試合予定時間になっても交渉は決裂したままで、テレビには40分間に 
わたって、誰もいないリングが映り続けたという。 

プロモーターに従わないレスラーをどうするか? 
「試合中に、セメント(真剣勝負)を仕掛けて、“見せしめ”に潰して 
しまう」という制裁が、プロレス界ではしばしば行われる。 
だが今回、それは不可能。 
猪木はプロレスラーとしてだけでなく、格闘家としても超一流。 
パクの格闘家としての実力は、明らかに猪木には及ばない。 

当事者のパクは困り果てていたらしい。 
反日意識の強い韓国で、日本人レスラーに負けるというのは、かなり自身の 
評価を下げることになる。 
また、「猪木に勝ちたい」という色気もあったろう。 
しかし一方で、自分と猪木の実力差を十分に承知してもいたようだ。   


------------------------------------------------------------
797 名前:港 ◆asHRtOTOD2 投稿日:2005/07/11(月) 12:55:59 ID:dczFnaCm

予定から大幅に遅れて、試合開始。しばらくは、普通の「プロレス」が続く。 
しかし20分過ぎ、身の程を知らない韓国人選手がリングサイドに 
大挙して現れ、「セメント、セメント」とリングサイドで騒ぎ、 
煮え切らないパクに、セメントを仕掛けろと急き立てる。 

アホである。 
セメントを仕掛けるにしても、猪木相手には「奇襲」でなければ通用しない。 
「セメント、セメント」とリングサイドで騒げば、猪木に察知され、 
パクが、奇襲すらできなくなるのが分からないのだろうか? 

試合中、パクがセメントを仕掛けたかどうかは分からない。 
分かるのは、パクが、猪木の関節技に一度ギブアップをしておきながら、 
猪木のブレイク後「ギブアップしていない」と言い出して、試合続行を 
要求したこと。 
猪木は激怒、パンチの連打から鉄柱攻撃、文字通りパクを「潰して」 
しまった。 

猪木からしてみれば「いつセメントを仕掛けられるか分からない、 
危険な状況下で、試合に付き合い、しかも”ギブアップ”という穏便な 
方法で試合を終わらせてやろうしたのに、それが不満なのか」 
という思いがあったのだろう。   


------------------------------------------------------------
804 名前:港 ◆asHRtOTOD2 投稿日:2005/07/11(月) 13:06:51 ID:lgkCLPCQ

ちなみに、猪木はセメント勝負の際「目に指を突っ込む」という危険行為を 
行い、たびたび非難されるが、実は、危険な攻撃を仕掛けてきた相手に 
「お前がそのつもりなら、いまから俺もこういう本当に危険な攻撃を仕掛ける 
ぞ。本当にいいんだな」という問いかけ。 
むしろ、紳士的とさえいえる行為である。 

翌日、またも猪木対パクでの選手権試合が、ソウルで行われたが、完全に 
戦意喪失しているパクに猪木が一方的に勝利。 
その後、これが元で暴動が起こりかけ、鎮圧に軍隊まで繰り出す騒ぎに発展したらしい。 
以上が、パク・ソンナン事件のあらましである。 

さて、試合経過など、さらに詳しく知りたい者は、ここを↓ 
ttp://members.at.infoseek.co.jp/drmick/proresu/file/file12.htm 


------------------------------------------------------------
805 名前:港 ◆asHRtOTOD2 投稿日:2005/07/11(月) 13:08:49 ID:lgkCLPCQ

この事件の経過には、「日本を利用して商売をしようとする」 
「自分たちの都合のみを、日本人に押し付ける」「十分な事前交渉をしない」 
「自分の思い通りにいかなければ、大騒ぎし、相手を攻撃する」 
「自分の客観的な立場、実力を考慮しない」などという 
この掲示板で非難されている韓国人の性癖が、数多く現れているのである。 

今日は以上。連投支援感謝。