×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

天体観測サークルの受難
港 ◆asHRtOTOD2氏 ←10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 →21




182 名前:港 ◆asHRtOTOD2 投稿日:2005/08/02(火) 11:31:31 ID:LmQURdur

投稿していいかな? 


------------------------------------------------------------
190 名前:港 ◆asHRtOTOD2 投稿日:2005/08/02(火) 11:54:19 ID:LmQURdur

それじゃあ。 

とある日本の田舎町。 
その町にはキャンプ場があり、夜間、周囲に光を出す建物もなく、星空が 
綺麗に見える場所。 
キャンプ場の評判を聞いた、天体観測のマニアのあつまる場所でもある。 

毎年夏にやってくる、ある大学(俺の母校)の天体観測のサークルが、 
そのキャンプ場に来たのだが、間の悪いことに、その日は男ばっかしの 
韓国人と日本人の混成グループがキャンプ場に来ていたのだった。 


------------------------------------------------------------
191 名前:港 ◆asHRtOTOD2 投稿日:2005/08/02(火) 11:57:42 ID:LmQURdur

さて、天体観測のマニアは、ある程度の域に達すると天体写真を撮り始める 
ようだ。 
夜間の天体写真を取る際、星の光は弱いので、カメラのシャッターを長時間 
開きっぱなしにしていなくてはならない。 
しかし、星も動いているので、シャッターを開いたままでは、星の位置が 
カメラの方向からずれてしまう。そのため、地球の自転に合わせて、カメラの 
向きを動かす装置を取り付ける。 
こういった作業は、非常に微妙で手間のかかるものらしい。 

その天体観測のサークルには、女子部員が多かった。 
キャンプ場に到着して、部員たちが荷物を降ろしていると、先に来ていた 
韓国人たちのグループが女子部員に話しかけてくる。 

女子部員は、キャンプ場ということもあり愛想良く対応したが、これが 
まずかった。 

勘違いした韓国人たちは、やたらとなれなれしくなった。 
彼女たちのコテージの中に無断で入ってくる。 
キャンプ地の地元の方が「毎年来てくれるサークルの皆様のために」と 
差し入れてくれたスイカを、勝手に持っていく。 
食事の時間には、缶ビールを片手にやってきて、こっちの料理を当然の 
ように食い散らかす。 


------------------------------------------------------------
193 名前:港 ◆asHRtOTOD2 投稿日:2005/08/02(火) 12:00:39 ID:LmQURdurATnTrhiP

奴らとのトラブルが続いたものの、ようやくあたりも薄暗くなり、天体観測の 
時間である。 
部員たちは、機材を担いで天体観測用の高台へ。 
ところが韓国人たちも後ろについてくる。 
そして、部員たちが観測をはじめると、こともあろうに奴ら、すぐ傍で 
花火をおっぱじめやがった。 
女子部員に向かって「こっちの方が面白いから、来いよ」だとさ。 

天体観測の邪魔である。 
光で星が見えにくくなり、写真も取れない。 
そもそも、「山火事注意」という看板がいくつも出ている山の中である。 
キャンプ場の中には、ちゃんと花火などをするための開けた場所がある。 
奴らの行動は、あまりに非常識であった。 

そのサークルの男子が、奴らの行動を咎めると逆切れし、 
大声で怒鳴りだす。 
設置している機材に、勝手に触れて動かす。 
女子部員の腕を引っ張って、連れ去ろうとする。 
結局、その夜は、まともな天体観測は出来なかった。 
そのうえ、カメラなど数点が行方不明に。 
間違いなく、奴らに盗まれたんだろうが。 


------------------------------------------------------------
196 名前:港 ◆asHRtOTOD2 投稿日:2005/08/02(火) 12:09:40 ID:Jrn+IA0Y

このサークルの部員たちが賢明だったのは、管理人に理由を話し、 
翌朝すぐに、このキャンプ地を引き払ったこと。 
後で連絡をとったところ、さらに次の朝、女子部員が泊まる予定だった 
コテージの入り口の鍵が何者かに壊されていたとか。 
「女子部員が、まだ中にいる」と思い込んでいた韓国人たちが、夜間に 
侵入を試みたものらしい。 

「今日は疲れているから」と、そのまま泊まっていたらかなり危険だった。 

今日の話は以上。