×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

酔いどれ店長 祖父の話 第2話「皇軍占領下に狼藉無し」
酔いどれ店長 ◆JgA2AffqSY 氏 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話




68 名前:酔いどれ店長 ◆JgA2AffqSY 投稿日:2005/03/22(火) 11:16:33 ID:8EK8HwaO

それでは 第2話始まり〜 
と、その前に皆さん占領下の白人女性に対する暴行や強制的に慰安婦にしたことが 
問題になってる事を知ってますか? その問題のほんの一部ですが今から書かせて頂きます 


注 時は1話から1週間以内だそうです 
祖父達の部隊が戦線の方に移動する為に燃料・弾薬・食料等を補給して他の部隊が 
揃うまでに1日かかる状態の時に起こった事だそうです……この時祖父は内地では超高級品の 
バナナがタバコ4箱と交換で持てないくらい交換できたので食い過ぎて腹を壊していたそうです 
そして厠(トイレ)にこもっていると問答無用で扉が開け放たれ腕に顔見知りの憲兵がいました 
そして

「すまん、今白人女性(国籍を失念)を襲った者の捜索をしているんだが心当たり有るか」 

と聞かれケツを見せたまま「知らん!早く閉めろ」と言ったそうでそのまま閉めて何処かに
行ったそうです、後日出発する間際に中隊長から

「先日・・の町で婦女暴行が有った、犯人は軍属の者だったが、皇軍は占領下における
 そのような行為は許しておらん、例え金銭の介在が有っても許されない、
 ……まあ近い内に(妾館)たつから我慢しろ」

との沙汰が有ったそうです 
後日上の憲兵にその軍属もやはり「赤い悪魔の国の人」だったと教えて貰ったそうです 
どのような罰が科されたかは聞いて無いそうです 



追記 
祖父の知っている限りでは白人の慰安婦は居なかったそうです 
以上、第2話終わり 

祖父から砲の書き込みを見て

「それ見ろ私が言ったように47ミリだったでは無いかまだ惚けてはいない」

と電話が有りました…… 
後、戦車撃破の所をもう少し詳しく書けと言われました(笑) 


------------------------------------------------------------
90 名前:酔いどれ店長 ◆JgA2AffqSY 投稿日:2005/03/22(火) 14:03:43 ID:8EK8HwaO

お下劣な追記 

祖父も娼館が出来てからは俸給と突撃一番を持って先陣争いをしたそうです(笑) 
そこには結構ニダ−女性がいたそうですがやっぱり日本人の方が人気が有ったそうです 

後、腹痛は征露丸飲んで寝たら治ったそうです(笑)