×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

酔いどれ店長 祖父の話 第1話「ビルマの怪盗?」
酔いどれ店長 ◆JgA2AffqSY 氏 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話




869 名前:酔いどれ天頂 ◆JgA2AffqSY 投稿日:2005/03/21(月) 14:42:53 ID:z0uTAuAx

それでは祖父の話を1〜2日に1話アップします 
祖父基本情報 
陸軍第・・歩兵連隊所属速射砲中隊( 37か47ミリ砲、本人は47ミリだったと言って
ますが怪しい)の機動運搬車の操縦者 
ただ砲の操作も収得済み 
最終階級軍曹 

第1話 ビルマの怪盗? 

祖父の部隊がビルマに進攻し戦果を上げ大隊長のお褒めの感状と褒美のウイスキー 
(戦利品)を頂き休息と宴会?をしていると弾薬を管理している兵が蒼い顔をして小隊長 
(以下 隊長)に耳打ちすると祖父とあと一名を連れて外に連れ出されたそうです 
そこで隊長

「先日の戦いで使った砲弾の薬莢が一つ残らず無くなっている」 

と言いました(当時は戦時でもなるべく薬莢は回収すること、と厳命されていたそうです) 
しかも、輜重隊に薬莢の回収を頼んだ後だったそうです犯人は次の日捕まりました 
犯人は軍属として付いて来た朝鮮人(何の職種かは失念したそうです)の1人だった 
そうです、しかも捕まった過程が有るだけの薬莢と金属部品等を持ち逃げし、 
それを占領下のジャンク屋に売り払いに行ったそうでそこからの通報で即座に捕まった 
そうです、幸い中隊長レベルで止まりそんなには大事にならなかったそうです 
小隊全員精神注入されてから向かい合っての往復ビンタだったそうです 
犯人は即決裁判で銃殺刑になったそうです……その銃手に祖父と他4人だった 
そうで祖父は始めて自分の手で人を殺したので今でも事細かに覚えているそうです 

第一話 完 


追記 
増えて行く戦果はM-3戦車を2両撃破した事で上記の話でウイスキーを貰った戦果です 
今年はM-3がM-4になって数が5両になってました(笑) 
こんな話で良ければアップしていきますが…… 


------------------------------------------------------------
875 名前:酔いどれ店長 ◆JgA2AffqSY 投稿日:2005/03/21(月) 14:52:42 ID:z0uTAuAx

名前を間違いました謝罪しますが賠償は勘弁(笑) 
需要が有るようなので又書き込みますね