×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トンカツに見る韓国人の劣等感
港 ◆asHRtOTOD2氏 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11〜




918 名前:港 ◆asHRtOTOD2 投稿日:2005/07/07(木) 11:04:29 ID:fMVib6vh

今日も投稿したいが、よろしいか? 
最近、俺の投稿がやたらと多いので、文句を言われそうだが。  


------------------------------------------------------------
922 名前:港 ◆asHRtOTOD2 投稿日:2005/07/07(木) 11:15:51 ID:fMVib6vh

褒められて嬉しいなあ。と素直にホルホルしておきます。 

では、今日はトンカツの話である。 
向こうの発音では「トンカス」に近い発音になるらしい。 

さて、韓国で一番有名な「日本料理」と言えば、寿司でも、ウナギでも、 
天麩羅でも、蕎麦でもない。おそらくはトンカツである。 
「はあ?トンカツが日本料理? 何、アホなこと言ってんだ!」という罵声が 
聞こえてきそうだが、本当に韓国人がそう考えているのだから仕方がない。 

韓国には、併合時代に日本経由で入ってきたらしく、そのまま「日本料理」と 
して定着してしまったらしい。 

俺は以前、とある韓国人から 
「日本人は『日本料理は低カロリーで、栄養バランスが取れている素晴らしい 
料理』と言って威張るが、トンカツみたいな脂ぎった料理が低カロリーなわけ 
ねえだろ」 
「日本人は、本当に何でも根拠なく自慢するんだな」 
などと言われて、またまた大笑いしたことがある。 

言うまでもなく「トンカツ」は日本人の考える「日本料理」の範疇には 
入らない。 


------------------------------------------------------------
923 名前:港 ◆asHRtOTOD2 投稿日:2005/07/07(木) 11:20:47 ID:fMVib6vh

ちなみに、「日本食は、栄養バランスが取れている」というのも、元々 
アメリカ軍が、世界各国の食事を研究するなかで出した結論らしい。 

田麗玉「日本はない」(邦題「悲しい日本人」)に、この韓国人の言葉と 
ほぼ同様の記述が書かれている。 

「外国人男性と付き合っていたときは、日本の戦争責任を認め親韓だった 
日本女性が、日本人男性とつきあいはじめた途端に嫌韓に変わる」という 
妙なエピソードの途中、しかも 
「著者が、その女性と二人でトンカツ屋に行く」という不自然な場面の中で、 
その「日本女性の言葉」として語られていて、あまりの捏造臭さに 
笑ってしまった。 

韓国人は「日本人は傲慢。わがままで、いつも威張っていて、なんでもやたら 
と自慢する」という認識を持っている。 
実際は「傲慢、威張る、自慢する」のは彼らの方だと思うのだが、日本人に 
ケチをつけなければ、精神の均衡を保てない彼らは、とにかくそう思い込んで 
いる。 

その「根拠」となる、「日本人はこんなバカな自慢をしている」という、 
真偽の定かではない噂話が数多くある。 
以前出した「東京タワーと63ビル」の話もそうだが、この「トンカツ」の 
話もそういった「日本人傲慢論」の一例として、比較的よく出されるらしい。 


------------------------------------------------------------
927 名前:港 ◆asHRtOTOD2 投稿日:2005/07/07(木) 11:26:22 ID:fMVib6vh

韓国人の言う「日本人は○○を自慢するが……」という日本批判に出てくる 
「○○」は、日本人からすると、実はむしろ「こんなもの自慢になるの?」と 
首をかしげたくなるものも多い。 
「トンカツ」にしても、これを外国人に自慢できると思っている日本人は 
稀だろう。 

むしろ韓国人が、日本の何に劣等感を持っているかが良く分かる。 


今日の話は以上です。御静聴感謝。 


------------------------------------------------------------
931 名前:港 ◆asHRtOTOD2 投稿日:2005/07/07(木) 11:39:07 ID:fMVib6vh

928>小噺のストックがかなり多いけど、その数の分だけ影でかなりの苦労してそうですなぁ。 

俺自身が、韓国人および在日と「直接対決」したことは、一回あっただけ。 

在日と「対決している人」の傍で、その状況を見ていたことの方が多かった。 
韓国人と在日についての話は、その「対決している人」から、色々と 
叩き込まれた。