×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

米国留学時 2.
一日一韓氏 1 2 3 4




778 名前:一日一韓 投稿日:03/11/22 23:03 ID:t9WAdXWI


 空気読まずにすみません、思い出してムカムカしたので書き込ましてください。 

 今から十五年以上前、私はアメリカに留学していました。 
留学したはいいものの、私は読めるけど話せない状態でした。 
そこで、留学先の大学にいた先輩(日本人)に、「日本語を勉強しているアメリカ人」を 
手配してもらいました。会ってみると、ドイツ系アメリカ人の女の子でした。 
その女の子、「Lちゃん」とは言語を学ぶという共通の目的の名を借りて、 
映画を見に行ったり、公園を歩いたりと、よくデートをしたもんです。 
 さて、私たちが仲よくしているのを見て気分がよくない香具師がいました。 
ご想像のとおり韓国人、韓国君2号です。こいつはどういうわけか日本語を話せました。 
2号君は、私たちがどこかに行く予定を立てると、必ずついてこようとしました。 
実際、三度に一度は同席していたような記憶があります。 
私は“うざいな”と思いつつも、Lちゃんにとって何がしかのプラスになるかもしれない 
と考えて放っておきました。が、やっぱりプラスになるわけがないのです。 
2号君は、私の知らないところでLちゃんに何度も誘いをかけ、 
そのたびに断られていたようです。 
Lちゃん曰く、 
「だって、韓国なんて興味ないもん。ところで、韓国ってどこにあるの?」 
でした。ちなみに、彼女は台湾と中共の違いも位置関係もまったく知らない 
誠にもってアメリカ人らしいアメリカ人でした。

------------------------------------------------------------
779 名前:一日一韓 投稿日:03/11/22 23:06 ID:t9WAdXWI


 韓国2号君は正攻法が効かないと思ったのか、搦め手をかましてきました。 
ある日、彼は私にこんなことを言ってきました。 
「日本君(私)、Lちゃんは選挙に興味があるそうニダ。その話を振ってみるニダ」 
事実、当時は大統領選挙で盛り上がっていたのです。確か、デュカキスとパパブッシュ 
の戦いだったように記憶しています。 
 が、韓国2号君が、私とLちゃんの仲がうまくいくような話をもってくるはずがない、 
と思った私は警戒を怠りませんでした。 
 次にLちゃんと会ったとき、私は話を振ってみました。 
「ねぇ、今度の大統領は誰になるのかなぁ。デュカキス? ブッシュ?」 
Lちゃんは(゚Д゚)ハァ?な顔をしています。そして答えました。 
「あんまり興味ないなぁ。何でそんなこと聞くの?」 
・・・やはり。しかし、この罠にはもっと深い不快意味が潜んでいたのです。 
というか、私には2号君が何を考えていたのか読めました。 
 デート(w から帰り、私は、聞きたいことがあるからとLちゃんを部屋に呼びました。 
「Lちゃん、日本人にとってLとRの発音は難しいんだ。一つ、教えてくれないか」 
題材は「election」、そう、韓国2号君が言った「選挙」です。 
Lちゃんは不審そうな顔で教えてくれました。続いて「erection」を聞こうとすると、 
彼女はすごく不機嫌な顔になったので、私は説明しました。 
「韓国2号君が、『Lちゃんは選挙に興味がある』と言っていたから」 
なお、「erection」とは、言うまでもなく「勃起」のことです。 

------------------------------------------------------------
780 名前:一日一韓 投稿日:03/11/22 23:08 ID:t9WAdXWI


 ついに怒り出すLちゃん。ハンドバッグから銃を抜きかねない勢いです。 
そして、私と2号君のことを罵倒し始めました。 
「なんであんたたちアジア人はそうなのよ! 失礼じゃない!!」 
アメリカン・ファビョ〜ンです。アジア人はともかく、一緒にされてはたまりません。 
私はマターリしようよととりなして、どうにかこうにか落ち着かせると、 
Lちゃんは涙ながらに(てか、泣いていました)話し始めました。 
聞けば、2号君は私の知らないところで結構なことをやらかしてくれていました。 
下ネタジョークに始まり、なれなれしいスキンシップ、しつこいストーカー行為、etc……。 
Lちゃんは相当に困っていたご様子。そこに持ってきて、 
信じていた日本君・私(w が「勃起」がどうのと言い出したので錯乱したようです。 
さらに、Lちゃんは、自分が2号君のことをいかに嫌いかをとうとうと語り出しました。 
ああ、可哀想なLちゃん。とんでもない香具師に目をつけられたね。 
というよりも、下手すりゃ私の立場もやばかったわけです。もし韓国2号君の言うとおり、 
「Lちゃんは『勃起』に興味があるんだって」 
などと言っていたら……(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル。ちょっと洒落になりません。 
「よし、わかった。私が下品な韓国2号君を成敗してあげるよ」 
すがりつくような目で私を見るLちゃん。しかし、私よりも体格のいい韓国2号君の 
姿を思い出し、私は玉砕を覚悟していました。内心不安がいっぱい。  

------------------------------------------------------------
781 名前:一日一韓 投稿日:03/11/22 23:10 ID:t9WAdXWI


 対決の日はすぐにやってきました。 
Lちゃんと一緒に公園の芝生に座っていると、韓国2号君が現れました。 
どこでどうやって聞きつけたのか、聞きしに勝るストーカーぶりです。 
私とLちゃんは2号君に気づかない振りをしてマターリと見詰め合っていました。 
作戦発動。 
・・・声をかけてくる韓国2号君。やっと気づいた、という振りをして私は言いました。 
「やぁ、Mr. erection man(←Rをあらん限りの巻き舌で発音)。 
 勃起君のおかげでLちゃんと仲よくなれたよ。ありがとう」 
と言いつつ、Lちゃんにスリスリする私。あてが外れてファビョりだす韓国2号君。 
その後、どういう展開になったかよく思い出せないのですが、 
韓国2号君がこう言ったのだけは覚えています。 
「俺の女に手を出すな! いいか、その女はいつも俺のことを思い出して、 
マンコを濡らしながら、毎日マスかいてんだぞ。そんな女なんだ!!」 
下品ですみません。でも、一字一句たがわず本当にこの通り香具師は日本語で言いました。 
流石にこの発言にはカチンときました。口よりも体のほうが先に動いてしまいました。 
気がついたら韓国2号君が宙に浮いてました。時間がすごく遅く流れていました。 
私に投げられた韓国2号君は、背中から地面に落ちてもがいています。 
私は韓国2号君の胸倉を掴むと、正確に伝わるようにひと言ひと言区切って 
今後Lちゃんには近づかないよう、言い聞かせました。 

------------------------------------------------------------
783 名前:一日一韓 投稿日:03/11/22 23:20 ID:t9WAdXWI


 それからというもの、韓国2号君は私の言い付けをちゃんと守り、 
Lちゃんにまとわり付くのを中止しました。聞き分けのいい香具師でよかったです。 
 ところで、この話の何が困ったかというと、後になってから、 
無意識のうちに体が動いて他人を投げてしまったという罪の意識、というか、 
自分の堪え性の無さに悩まされたことです。このことが私の柔道の師匠にバレたら 
(ま、バレようがないんですけど)えらいことになるなぁ、と……。 
修業の足らないお話でなんともお恥ずかしい。 
このスレが無かったら、思い出さなかったであろうお話です。 

 なお、言い忘れましたが、Lちゃんのハンドバッグには、 
常時、.38口径のリボルヴァーが入ってました。 
蓮根みたいな弾倉に雷管をこちらに向けて納まっている実包を見たとき、 
えらくビビリました。 
S&Wはエースのフォーカードよりも強い、という意味がよくわかりました。 

 お邪魔いたしました。私憤撒き散らして スマソ 

------------------------------------------------------------
862 名前:一日一韓 投稿日:03/11/23 02:48 ID:4P6yLPl3


 嫁(←ハン板住人w)が背後にいたので書き込めませんでした。 

 なんかまた思い出してきた。 
Lちゃんと飯食うとき、韓国2号君も同席したことが何度かありました。 
Lちゃんが払おうと言い出した時は、 
「誘ったほうが払う。年上が払う。男性が払う。というのがうちの家訓だから」 
と私の我を通させてもらいました(←見栄。↑本当)が、それを見聞きしてもなお、 
韓国2号君は絶対に自分の分すら払おうとしませんでした。 
大した額ではないのですが、そこはそれ気持ちの問題。 
こんなことからも韓国2号君はLちゃんに嫌われたのかもしれません。 
つうか、他がもっとひどかったからなぁ。 

>>822 さま、 
Lちゃんとの付き合いは私が帰国するまで続きましたが、 
何もなかったのとほぼ同様の状態と言いますか、ムニャムニャ。 
デートコースにシューティングレンジが混じってたくらいですから、 
あんまり色気のある付き合いはしてなかったような……。 
下手に一線を越えようとしたら、LちゃんとLパパの十字砲火に晒される恐怖。 
それはともかく、私は色恋抜きでLちゃんが好きでした。 
Lちゃんは、どうだったんでしょ? 永遠の謎。 

遅レスなうえ、中途半端でひたすら平身低頭。