×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

北朝鮮の工作船のお話
港 ◆asHRtOTOD2氏 10← 20← 21 22 23 24 25




634 名前:港 ◆asHRtOTOD2 投稿日:2005/08/14(日) 00:46:38 ID:PfoY5kKG

深夜なので、許可を取らずに投稿。 
北朝鮮の工作船のお話。 
情報の入手経路は聞かないで欲しい。 

1999年、能登半島沖での北朝鮮のものと思われる工作船に逃げられた 
という事件があった。 
その後、奄美沖での北朝鮮の工作船による銃撃事件。 
だが、マスコミが取り上げなかっただけで、こういった不審船による騒動は 
それ以前からかなり多くそれあったようだ。 

1990年代後半から、北が極端な燃料不足に陥っている。 
そのため、工作船は北で作った物資、偽ドル札や覚醒剤を中国まで持って 
いきそこで燃料を満タンにしてから、日本に来るのが多いらしい。 
密輸・密入国による三角貿易である。 

おかげで、九州北部や山陰・若狭湾沖など西日本に、工作船の活動の 
主流が移っている。 
北海道や東北周辺では少なくなっているようだ。  


------------------------------------------------------------
636 名前:港 ◆asHRtOTOD2 投稿日:2005/08/14(日) 00:51:17 ID:PfoY5kKG

海上保安部で使われている巡視艇は、一般に船足が工作船より遅い。 
哨戒機などから不審船を見つけても、普通に追いかければ逃げられてしまう。 
そのため、巡視艇は不審船の情報が入ると、島影など地形を利用して、 
気づかれないように近づくようにしていた。 

ところが、北からと思われる不審船には、何故か近づく以前に逃げられて 
しまう。 

どうしてか? 

当初、海上保安庁に北への内通者がいるのではないかなど、色々と憶測が 
飛んだのだが、実際は単純なことだった。 

日本の暴力団が、保安庁の近くの建物、あるいは山の中やから保安庁を 
監視し、出動があれば、無線で逐一北の工作船に知らせていたのである。 

ただ、タネ明かしができてもこれに対応するのは難しい。 
監視できる場所は無限にあるし、それと北に動きを知らせていると思しき 
輩を見つけても、やっていることは海や周囲の建物を見ているだけで、 
それを止めさせるわけにはいかない。 

北の工作船の銃撃事件後、工作船より速い、最高速度44ノットを超える 
新型巡視艇が、第七管区および第八管区に配備され、状況はかなり改善 
されたようだ。  


------------------------------------------------------------
637 名前:港 ◆asHRtOTOD2 投稿日:2005/08/14(日) 00:56:08 ID:PfoY5kKG

最近では、工作船が海上のあるポイントに北からの物資(主に覚醒剤)を 
載せたブイを落として、それを日本側の暴力団が回収するという手法も 
とられている。 

これは、工作船と暴力団の海上無線のやり取りを、海上保安庁や公安が 
キャッチして、回収するという手法がとられているようだ。 
無線や携帯電話の周波数で、日本側と北朝鮮のイタチゴッコが続いている 
そうな。 

日本国内の覚醒剤の末端価格はここ数年、かなり上昇傾向。 
価格が下がったときは、工作船や暴力団が、新しい密輸方法にを 
見つけたと考えていい。 
こういう暴力団って勿論在日が多いんだろうと思う。 

今日は以上です。