×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

同僚の在日A、この無能の塊2「高くて怖いニダ!」
ナナシ一号 ◆hanwM2E4hc氏 悪いのは役所ニダ! 高くて怖いニダ! …自家発電!?




86 名前:ナナシ一号 ◆hanwM2E4hc 投稿日:2005/07/27(水) 02:10:56 ID:ABMgSxV2

同僚の在日A(以後A)と初めてコンビを組まされた時の事です。 

それまでは、先輩と組んでいたんですが、社長直々に「ナナシ一号は、今日からA君と組んで貰う」とのお達し。 
それで、いろいろな事を教えてくれていた先輩と離れ、Aが俺の相棒となった訳です。 
初めて、Aとコンビを組んで管理の仕事をした時のことでした。 

俺「なぁ、俺の管理の道具一式返してくれないか?」 
A「言いがかりを付けるなニダ。ちゃんと返したニダよ」 

しかし、管理道具は何処にも見当たらないんです。
車は一台だけで管理などに必要な道具を積んでいるため、隠せる場所なんて何処にもありません。 

俺「んな事言っても、見当たらないぞ?どこら辺にやったんだよ」 
A「車の中ニダ。」 
俺「いや、だから無いんだって、あの道具一式は俺の自腹なんだぞ」 
A「管理道具の管理責任は、ナナシ一号ニダ。ウリの責任ではないニダ」 

という、話し合いの末にAを相手にするのは時間の無駄と知り、自分で探し始めたんです。 
探している途中。Aが「道具なんてどうでも良いから、早く帰るニダ」と騒ぎ始めたが、 
車の鍵を持っているのは俺なので、無視してしばらく探し続けると、見つかったんですよ。 
管理道具一式が、山の一番上に投げ捨ててありました。
 
その事をAに問い詰めると、

「なおしたつもりだった。悪気は無かった。もうしない。許してくれ」

と謝りはじめたので、こんなに謝ってるんだし。もう二度としないだろう。と思い許したんですが、 
このドアホは、幾度と無く人が自腹で買った管理道具を、山の中に放置したり紛失してくれやがりました。 
もはや、こいつには貸さんと思っても管理道具を持っているのは俺だけで、貸さなければ仕事にならない。 
貸したら貸したで、帰ってこない。最後には自分で買うのが馬鹿らしくなり買うのを止めたら、 
社長から、「道具の管理ぐらい確りしてくれ。タダじゃないんだぞ」と怒られ、 
それ以来、アヤツには管理道具を入れる土嚢袋を必ず携帯させるようになりました。 
まぁ、それも、余り効果的ではなく、ただ、俺が見つけやすくなった。てだけなんですけどね。 


------------------------------------------------------------
93 名前:ナナシ一号 ◆hanwM2E4hc 投稿日:2005/07/27(水) 02:52:13 ID:ABMgSxV2

087>社長・・・・・orz 
091>社長、全然だめじゃん・・・・・・orz 

社長も良い所あるんですよ? 
例えば、ゴクたまに、ジュースを持って来たり、ジースを持って来たり、ジースを持って来たり。 
Aの事が絡まなければ、ソコソコ良い人なんですよ。(シザイケチッタリシマスガ) 

088>なんだか大変なようで…。 

いえ、もはや、道具拾いは習慣となっています。ですから、これぐらいでは大変とは言いません。 
この程度で、大変といっていてはAを相棒として使ってはいけません。 

090>なぜ、Aが注意や処罰されないんだ・・・ 
090>まさか、社長がニダー系とか若しくはコネ入社? 

>社長がニダー系とか若しくはコネ入社? 
いえ、社長自身は日本人ですよ。ただ、左に染まりきっていますが。  


------------------------------------------------------------
98 名前:& ◆Z2KySTSpOo 投稿日:2005/07/27(水) 03:40:00 ID:ABMgSxV2

>>89さんではなく、>>91さんでした。 
申し訳ありません。 
レスを無駄にするものなんなんで、第二弾投下。 

A(同僚の在日)とコンビを組んでしばらくだった時のことでした。 
その現場は、工期が、間近に迫ってたのですが、表面は普通の土だったんですが、途中から
固い岩盤になっており、計画していた通りに工事か進んでいませんでした。 
管理が主な仕事とはいえ、こういう不測の事態は管理をする者も工事を手伝わなければならず、
当然の事ながら、俺とAは工事を手伝う事にしました。 
しばらくすると、Aが「助けてくれ!死ぬ!」などと叫びはじめたので、事故か!?と思い下を見ると、
ロープに下がったA(高さ約8m)がガタガタと震えていたんです。 

俺「どうした!事故か!?」 
A「高くて怖いニダ!落ちたら死ぬ!」 

工事に使っているロープは意図的に切ろうとしなければ、そうたやすく切れるようなものではありません。 
ましてや、高く折れそうの無い木に登りロープを取っているのですから、Aから上が擦り切れるなんて
事はまったくありません。 

俺「大丈夫だって。高いところ慣れてるだろ」 
A「ロープに下がるのは初めてニダ!それにこんなに重たい道具を付けてれば絶対に落ちるニダ」 
(重たい道具とはロープに下がる時に付ける安全帯と呼ばれるもので、相当劣化していなければ
 千切れる事は無い品物で、その安全帯には袋がついていて、工事に使う道具やアンカーと
 呼ばれる資材を入れる為に、どうしても必要なものです。) 

この時の作業は、完全な流れ作業であり、途中が止まると作業が遅れてしまうのでAに動くように
言ったのですが、Aは「動けないニダ。動いたら落ちてしまうニダ」と、まったく動こうとは
しませんでした。 
仕方ないので、近くの作業員に頼み、Aを降ろして貰い、(本当に怖かったらしく。
顔を青くして震えるので、事故を起こされてはたまらないと思い)車の中に放り込むと、作業員の
方達にAが迷惑を掛けたことを謝ったあと作業を続行したんですが、自分から動こうとしない
Aの救出に思った以上に時間を取られ、その日は夜間作業(要するに残業)をする羽目になりました。 
ちなみに、作業員の中で一番偉い人から、もう二度とAをロープに下がらせないでくれと苦情を
言われたのはいうまでもありません。 


------------------------------------------------------------
100 名前:ナナシ一号 ◆hanwM2E4hc 投稿日:2005/07/27(水) 03:49:20 ID:ABMgSxV2

>>98は自分です。コテを間違えるなんて、、 

094>しゃちょーさんは、すでに姦酷面に落ちたニダ 
094>あなたも姦酷面に引きずり込まれないように注意するニダ。 

家は、祖父の代から右翼です。 

096>Aの腰に工具をゴムひもで結わえてやるというのはどうニダ?

それ、やろうとしたんですが、頑丈なゴムひもって高いんですよ。長持ちしないし。 

097>口で言って判らないのなら,社長・弁護士同席の上で誓約書を書かせるべきかな。 
097>道具を持って帰らなければ,殴る。 
097>殴る威力は気分次第。 
097>殴る回数は累積(10回目の時は10回殴る,20回目の時は20回殴る)

それだと、自分の拳が潰れるまで殴らなければいけなくなってしまいますw