×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

恩を仇でしか返せないK 7
3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A氏 1 2 3 4 5 6 7




272 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/25(水) 22:53:03 ID:FIWLcpnF

皆さん。こんばんは。 
しばらく前に、韓国人留学生Kとのトラブルを上げた「3月の騒ぎ」です。 
先日は、見苦しいところをお見せいたしました。 
このまま暴露合戦になっているのは困るので。Hさんとは、 
休戦協定を結びました。 

 Y君は、実は、私の小学校の時からの付き合いです。 
 実は、そのときに韓国人(在日ですが)とトラブルがあったのです。 
ハングル板を友人から教えてもらった当初は、その思い出を書こうと思って 
いたのでが、Kとのトラブルが激化してしまい、そっちを先に書く破目に 
なりました。 

 小学校のときの話はいずれ書くつもりです。 
 今日は、最近起こった、小ネタを書きます。 
 よろしいでしょうか? 


------------------------------------------------------------
278 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/25(水) 22:56:03 ID:FIWLcpnF

ではでは、書かせていただきます。 

 登場人物、Hさん。 
 わが講座の親愛なる先輩。 
 美人だが毒舌。血液は、きっと緑色。 
Hさんに彼氏が出来ないのは、普通の人がキスすると、その舌に 
含まれる毒で、キスした人が死んでしまうからだと思うのです。 

登場人物 Y君 
 私の2歳年上の幼馴染。 
 空手家。何故か、親父にやたらと好かれる。 
 どういう巡り合せか、いま、大学で私と同じ講座に。 
Hさんの毒に耐性を持つ珍しい体質。 


さて、皆さん、「仙台四郎」って知っていますか? 
知らない方は、下のHPをどうぞ。 
ttp://www.nobi.or.jp/z/sendai-shirou/ 
つまりは、江戸時代末期に仙台にいた人で、「知的障害者」だった 
らしいのですが、彼がお店に入ると、不思議とそのお店が繁盛するので、 
当時の仙台では大人気だった、という人です。 
 肖像などは、いまだに福の神として、喜ばれているそうな。 

Hさんは、いろんな意味で人に迷惑をかける個性の持ち主がですが、 
人の役に立つといえる特技も持っています。 
不思議なことに、仙台四郎と同じく、彼女が屋台などのお店の店頭に立つと、 
何故か、そのお店には、後から人が来るのです。 


------------------------------------------------------------
280 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/25(水) 22:57:57 ID:FIWLcpnF

 私は、深夜のコンビニや、回転寿司などでも、何度か同じ現象を見ています。 
 とても、偶然とは思えないのです。 
 本人に聞くと「ああ、結構あるのよ」とのこと。 
 Hさんは、意識して混み合う時間を避けてお店にいくのですが、大抵、 
彼が店出た後は、入る前より人が増えるのだそうです。 
 私は、彼女が仙台四郎の親戚か何かではないかと思うのですが。 

 さて、GW中のお話です。 
 講座のみんなと、親睦会を兼ねて、とある催し物を見に出かけました。 
 その催し物を行っている建物の前の広場では、様々な屋台が 
出ていたので、そこで早めの昼食はとることにしました。 
 お好み焼き、焼きそばなど、おなじみの日本の屋台に混じって、 
海外の名物料理の屋台もありました。 
お国は「トルコ」「ブラジル」そして、皆さんが大好きな「韓国」です。 


------------------------------------------------------------
284 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/25(水) 23:00:14 ID:FIWLcpnF

 ごめんなさい。sageていませんでした。 
 でも、続けます。 

 さて、広場はまだ、人はそれほど多くありません。 
 何人かの人が、前で待ち構えている屋台もありますが、昼食時前で、準備中の 
屋台もチラホラ。 
 Kのことを知っている学生は、暗黙の了解で、韓国の屋台には近づきません。 
 しかし、韓国の屋台の兄ちゃん、私たちの集団に、やたらと大声で呼びかけます。 
 男子学生の一人が、その声につられたか、そちらのほうに。 

 ブラジルの屋台の前は、営業中にも拘らず、誰もいない状態でした。 
 Hさん、Y君を引き連れ、誰も並んでいなかった、ブラジルの屋台の前に。 
ソーセージを穀物のクレープで包んだファーストフード(名称失念) 
が、そこの料理でした。 
 ここで、Y君「親父キラー」の本領発揮。 
 屋台をやっている、年配のブラジル人のご夫婦に話かけて、お二人を 
ニコニコ顔にしてしまいます。 
 その上、一緒にいったHさんの「仙台四郎パワー」が発動。 
 それまで、誰もいなかったのに、ブラジルの屋台には人が並び始めます。 
 しばらくすると、広場の中で一番長い列が出来ました。 
 この二人は、サクラとしては最強のコンビです。 


------------------------------------------------------------
287 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/25(水) 23:06:38 ID:FIWLcpnF

 私たちは、少し人の並んでいたトルコのケバブという料理の屋台へ。 
 棒に円筒状に巻いた巨大な肉の表面を、少しずつ切って、半円形の 
クレープに入れたものです。 
 私と、他の女の子二人で行くと、男性の店員たちの愛想が異常にいい。 
 店員3人が、料理そっちのけで、私たちに話しかけてきます。 
でも、母国語で話しかけられても分からないって。 

 私たちが、座って食事をしているところに、わざわざ、ブラジル人の 
おじさんがやってきて、Y君に「味はどうだった」と聞きます。 
Y君の「おいしかったです」という返事に、おじさん、ブラジルのジュースを 
2本置いていってくれたので、みんなで味見しまました。 

 自称「育ち盛り」のY君(育ち盛りって、あんたもう23歳や!)は、 
ブラジルのファーストフードをだけでは足りずに、トルコ料理の屋台にも。 
 しかし、「親父キラー」珍しく不発。 


------------------------------------------------------------
288 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/25(水) 23:09:00 ID:FIWLcpnF

個人の性格か中東の男性の特性か、ここの店員、男のY君には全く 
愛想無し。というか、かなり無礼な接客。 
ううむ。イスラム親父恐るべし。 
少し悲しい気な顔で、ケバブを手にテーブルに戻るY君。 
同じ店員に、やたらと愛想のいい接客を受けた私たちは、なんとなく 
「ふふ〜ん、勝った」という気分に。 

 さて、皆さんお待ちかねの韓国の屋台。 
 男子学生一人がチジミとかいう、ネギと海産物のお好み焼きのようなものを 
買ってきました。 
 それ自体は、普通においしそうでしたよ。はい。 
 でも、その男子学生、何やら言いたげな表情。 
 聞いてみると、彼が、注文をするとき、その韓国人、当然のような顔をして、 
準備中の隣の屋台から、サラダ油や調味料を持ち出して、調理し始めたとのこと。 
 隣の屋台の人(日本人)が、何か言うと、大声で怒鳴り返していたそうです。 
その男子学生、お金を払うときさりげなく、「ここは、隣の屋台と共同で 
やっているの」と聞いても、韓国人の兄ちゃんはクビを振っていたそうです。 
 材料の一部に、盗品の使われたチジミは、さぞかし複雑な味だったでしょう。 


------------------------------------------------------------
291 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/25(水) 23:11:53 ID:FIWLcpnF

 それから、もうひとつ、その韓国人の兄ちゃん、近くの屋台の人が、 
ごみを出すとき、これも一緒にって、自分たちのごみを押し付けていました。 
さすがに、どうかと思いました。はい。 

以上。小ネタでした。 
ネタのわりに長くなってスイマセン。 
小学生のときのエピソードは、またの機会に。