×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

恩を仇でしか返せないK 3
3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A氏 1 2 3 4 5 6 7




435 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/01(日) 20:17:26 ID:qWr2LiSt

 待っていてくださった方々、お待たせしました。(←変な日本語) 
 日中の続きです。 
 よろしいですか? 


------------------------------------------------------------
438 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/01(日) 20:20:41 ID:qWr2LiSt

では、続きです。 

 ええと、まずY君ですが、色白で、丸顔・童顔で、見た目は 
「人のいいお坊ちゃん」というような感じです。 
 服を脱いで体を見せない限り、だれも彼を空手家だとは考えないと思います。 
 K達がY君を馬鹿にしたのは、そういう理由もあったかしれません。 

 博士課程のHさんですが、彼女は、Y君に「親父キラーY」という 
リングネームをつけています。 
普通、「親父キラー」というと、若い女性で「親父」に媚びて、 
取り入るのがうまい人のことですよね。 

 Y君は男で、あまり人に媚びる性格ではありません。 
でも、この「親父キラー」という命名は、かなり的を射ているのです。 

 Y君は、何故か、企業の管理職とか、大学の教授とか、市役所の人とか、 
とにかく「親父」にやたらと気に入られるのです。 
以前、所用があって、彼と市役所に行ったときに、市役所の課長さんが、 
出会ったその日のうちに、「ここへの就職考えてみないか?」とY君に 
言っているのを見たことがあります。 
 別な人には、「ウチの娘と付き合ってみないか?」となどと 
聞かれていました。 
 また、何人かで、小さな土産物屋に入ったとき、私たちが品物を物色していると、 
Y君が、いつの間にか、お店の店主が淹れてくれたコーヒーを飲みながら、 
店主の御家族のアルバムを見つつ、談笑しているといったこともありました。 

 とにかく、彼はそういう人なのです。  


------------------------------------------------------------
441 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/01(日) 20:25:25 ID:qWr2LiSt

 一方で、Kですが、昨年から加わっていることもあり、自分では、 
「この共同研究を取り仕切っている」という気分だったようです。 
自分が会社側から、一番高く評価されていると勘違いもしていた 
ようなのです。 

 さらには入社後、エリートコースに乗って、すぐさま役員待遇という、 
すさまじく安易な思い込みをしていたことも後でわかります。 

Kたちは、掃除などの手抜きは、ばれていないと考えていたようですが 
実際は、A社の担当者だって見ていますし、Hさんからの報告もあります。 
 手を抜かず、誤魔化さず、嫌がらず仕事をこなしてきたのはY君です。 
 Y君は、研修関係者全員で集まったときなどにA社の担当者から、 
たびたび、「立派だ」と誉められ、Kたちは「やる気がないなら、 
帰ってもいい」と叱られます。 

 ちなみに、Y君は、誰もやりたがらないトイレ掃除を、一人で 
やっていることを誉められると、 
「空手の道場ではトイレ掃除をするのも、武道の一環でしたから」 
などと、言って謙遜していたそうです。 
こういう「親父が泣いて喜ぶ言葉」が、すんなり出てくるのが、 
彼の「親父キラー」たる所以です。 


------------------------------------------------------------
443 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/01(日) 20:27:24 ID:qWr2LiSt

 さすがのKも、Y君が明らかにKより高く評価されているのを 
感じ取ったようで、Y君に猛烈に嫉妬した模様。 
N嬢が、Y君に好意的なのも火に油を注ぎました。 

 研究室が学生だけになると、K’ およびK'’と一緒に、 
たびたびY君をからかったり、罵倒したりなどの、挑発的な行動を 
するようになりました。 
 Y君は、こういった嫌がらせにも、いちいち生真面目に相手をしたので、 
彼らはますます増長して嫌がらせをエスカレートさせていきました。 

 それにしても、誉められたいというなら、自分の吸ったタバコの処理や、 
トイレ掃除くらいすればいいのにと、私は思うのですが。 


------------------------------------------------------------
449 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/01(日) 20:29:34 ID:qWr2LiSt

 ここからが、「事件」です。 

 いろいろとトラブルがありましたが、それでも一回目の4月の研修会は 
終わりに近づきました。 
参加学生の主体となっている私たちの講座が、他校の学生やHさんなど、 
研修に加わっていた学生同士を集め、大学の施設内で、ささやかな 
パーティを企画しました。 
 私も、買出しなどを手伝って参加しました。 

 しかし、このパーティでも開始当初から、例によって、KとK’、K'’が、 
Y君に絡みだしました。 
 内容は、自分たちの研修でのルール違反を正当化する身勝手な罵倒です。 

「お前が他校の生徒に敬語を使うのは、仲間意識を持っていないから」 
「会社の引越しを手伝ったのは、会社に媚びるスタンドプレイで卑怯」 
「掃除を丁寧にする必要はない。なんであんなことをする」 
「一礼する必要がない。なんであんなことをする」 

そんなことをいいながら、指を酒に浸して、Y君の顔の前で手を振ります。 
Y君の顔に、酒の飛沫をかけるのです。 
 まるで子供の嫌がらせです。こういう、陰湿な嫌がらせを、他校の学生や 
女子学生のいる前でやるので、雰囲気は台無しでした。 
それでも、Y君は「それは悪かった。済みませんでした」などと、 
ひたすら、いい続けていました。 


------------------------------------------------------------
450 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/01(日) 20:32:34 ID:qWr2LiSt

 しかし、その日のKたちは、異常にしつこく、そのうえ愚かでした。 
 女の子がいたので、いい格好をしたかったのかもしれません。 
3人の一人、格闘オタクの日本人K’ は、以前から、Y君の空手を馬鹿に 
していました。 
このK‘ が「お前が空手で習ったのは、便所掃除だけだろ」などと言ったとき、 
Y君の顔つきが変わりました。 
「便所掃除流空手だ」 
 確かこんなことを言って、Kたち3人はが大笑いしていた時に、 
 Y君が、いきなり、床にしゃがみました。 
 何をするのかと思ったら、拳で力任せに、思いっきり床を殴ります。 
 意味不明の行動ですが、ドーンという、ものすごい大きな音がフロア全体に 
響き、とにかく驚きました。 
 全員が黙りました。 
「もう一回言ってみろよ」 
 とY君が言いました。しばらくは、黙っていましたが、3対1で 
自分たちが有利と思ったのか、K’が答えます。 
「だから、お前の空手は、便所掃除用だろ」 
 Y君は、自分の胸のポケットに差してあったペンを引き抜いて、机に置きました。 
そして、「お前らも胸ポケットに入っているものを出せ」とKたちに促します。 
「ポケットに硬いものを入れたまま、胸を殴られるとそれが胸に食い込むから」 
 Kたちが、とっさに意味を理解できずに戸惑っている間に、Y君が動きました。 


------------------------------------------------------------
452 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/01(日) 20:34:52 ID:qWr2LiSt

なんというか、まるで大人と子供の喧嘩でした。 
私の覚えている限りを書きます。 
まず、K’が、ミゾオチっていうんでしょうか、胸と腹部を間の部分を 
一度殴られて、それだけで動けなくなります。 
K’は太り気味で、Y君の拳の手首のあたりまでが、その腹部に 
めり込んだように見えました。 
それから、Kが、母国語でなにやら喚いて、掴み掛かったのですが、Y君に 
腹部を膝で何度か突き上げられて、倒れて床をのたうちまわていました。 
 残りの、K’’は何も出来ませんでした。 
ただ、呆然と立っているだけです。 
 Y君に「どうする。お前もやるの?」と聞かれて、なにか「自分は悪くない。 
そんなつもりは無かった」などという言葉をグチャグチャといっていました。 
 Y君は、それ以上何もいわず、さっさとその場を立ち去りました。 


------------------------------------------------------------
454 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/01(日) 20:36:06 ID:qWr2LiSt

 起き上がったKたちは、周囲、特に女子学生から、「Y君に謝罪するべき」 
と言われていましたが、逆に怒鳴りかえすだけです。 
「自分たちは被害者だ」「Yが横暴だ、犯罪者だ」とか、「武道を習っている 
人間が素人に手を出していいのか」とか色々、大声で周囲に言い出しました。 
 それにしても、「Yの空手は弱い」とさんざん言っておいて、5分後には 
「自分は被害者」なのです。 
さすがというか何というか。 
最後は誰も彼らを相手にせず、その場は解散となりました。 

 これが、「事件、その1」です。 


------------------------------------------------------------
458 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/01(日) 20:42:14 ID:qWr2LiSt

 事件後、Y君はすぐに、A社の担当者と講座の先生に連絡を入れ、 
トラブルの経緯を説明し、研修会にはこれ以上参加しないつもりであることと、 
自分に「処罰」があるなら、それを受け入れる旨を伝えたそうです。 
(4年生は、まだ実際の研究には、着手していません) 

 翌朝、KたちもA社と、自分たちの講座の先生に、経緯を説明しました。 
というか、自分たちがやったことは全く触れずに、

「自分たちは無抵抗だったのにY君から、一方的に暴力を受けた」ので
「Yを処罰してくれ」と陳情に言ったのです。 

 両者の言い分に大きな差があるので、結局、周囲にいたものが情報を求められました。 
 Kたちを擁護するものは、誰もいませんでした。彼ら3人は、特に女子学生から、 
思った以上に嫌われていたのです。 
実のところ、A社の人にしてみても、わざわざ周囲から聞くまでもなく、 
これまでの研修内容を見ていれば、どちらを信用するべきか最初から 
知っていたと思います。 


------------------------------------------------------------
460 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/01(日) 20:44:24 ID:qWr2LiSt

 Y君は、大学を休学して空手を習うような人ですから、会社の規模とか 
収入とかにあまり、こだわりがないようです。 
 だから、「A社で、トラブルを起こしてしまったので、ここは止めます。 
迷惑かけてすいません」という感じです。 

 一方で、Kは「自分が、A社に入り、エリートコースを歩む」と信じて 
いて、たびたびそんなことを吹聴していたようです。 

ところが、Hさんに聞いた話では、Y君は学生の中で、A社の 
ぜひとも獲得したい人材で、来年の採用の一番人気なのだそうです。 
 一方でKは昨年度の研究・研修で、様々なトラブルもありで、しかも 
韓国籍であり、この時点で既に不採用の方針だったらしいとのこと。 
需要と供給のバランスが取れていませんね。 

気の毒なのは、K’、K’’です。 
彼らは、A社にどうしても入社したいらしいのです。 
二人の行動は、Kのホラ話を真に受けて、「将来のA社のエリート様」に 
取り入っておこうという意図もあったようです。 
 彼らの行為は最低だと思いますが、どうしても就職したい企業がある 
私には、彼らの気持ちが分からないでもありません。 

 K’、K’’とも、陳情にいった際、Kと切り離して、Hさんと、 
担当者から「Kは採用しないつもり」と聞き、「自分たちも不採用に 
なりかねない」と知った時には、本当に真っ青になっていたそうです。 


------------------------------------------------------------
463 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/01(日) 20:47:27 ID:qWr2LiSt

 さて、Kはともかく、Y君を手放したくないA社の担当者氏は、例のパーティに 
参加していた者を集めて、宴会を開くことにしまし、予算を取り付けて 
くれました。 
「K側3人も、Y君も処罰しない。宴会でもやって先の事件は水に流そう」と 
いう趣向です。 

 Y君は、既に他の研究のテーマをピックアップしており、あまり 
乗り気ではなかったようですが、講座の先生からの義理を無下に断れる 
性格ではありません。 
 こうして、最初のささやかなパーティから数日後、お座敷のある 
ちょっとレベルの高い飲み屋さんで、「仲直りの宴会」が開かれたのです。 


 最初はみんな大人しかったのですよ。仲直りするのが目的ですから。 
 Kも、いつも自分の味方をする二人が、かなりよそよそしいので、 
調子が狂ったのか、最初は大人しかったのです。 
 みんな努めて場を明るくしようと必死だったのでした。 


------------------------------------------------------------
467 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/01(日) 20:50:14 ID:qWr2LiSt

 しかし、韓国人は、酒が進んでくると、理性の歯止めがなくなるのか、 
なにやら雲行きが怪しくなっていきます。 
最初にKは料理に文句をいいはじめました。 
それから酒に文句をいい、店に文句をいい、部屋に文句をいい、 
席順に文句をいい、最近の日本政府に文句をいいます。 
 担当者を含め、周囲が「お願いだから、もう何も言うな」と、切望し、 
引きつった笑いを浮かべているなか、一人、大声で喋っています。 

 第二回目のトラブルの直接の発端はN嬢でした。 
 Y君が、トイレに行こうと立ち上がったとき、 
「行っちゃダメ」といいながら、座ったまま自分の両足で、 
立ち上がったY君の足を挟みこんだのです。 
 お嬢様のN嬢が、自分なりにY君の気を引こうと頑張った、 
微笑ましい行動です。 

 しかし、この行動で、N嬢に横恋慕しているKの感情の抑えが 
完全に無くなりました。 
 Y君が、笑いながらN嬢の足を振りほどき、部屋の外に行こうと、 
Kのそばを通る瞬間、Kはコップに入っていた酒を、Y君の頭にかけた 
のです。 

 一瞬にして、その場の空気が凍りました。 


------------------------------------------------------------
471 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/01(日) 20:53:43 ID:qWr2LiSt

「ヤバイ」と全員が考えたでしょう。 
 しかし、Y君は、特に表情を変えるでもなく、そのまま部屋を 
でていきました。 
フーっというため息が、部屋のあちこちから聞こえてきました。 
Kは、N嬢に笑いなが近づきます。そして、何を勘違いしたのか 
「Yは逃げた。俺が怖いから逃げた。あいつは弱い」 
 そういいました。 
N嬢は完全に無視。 
 A社の担当者氏が来て、「ああいう行動はよくない」とKを注意しましたが、 
Kの方でもそれを無視。 
 そのまま、N嬢に母国語で何か喋りかけます。 
 担当者氏が再度、Kに注意すると、振り返って「黙れ。俺が入社したら、 
お前はクビだ」と大声でいったのです。 
担当者氏は目が点になり、周囲は唖然としました。 

 断っておきますが、「クビだ」というのは、「担当者氏が、Kにいった」 
のではありません。「Kが、A社の社員である担当者氏にいった」のです。 
 Kは「入社したらエリートコースで、即、役員待遇」という自分自身の嘘を、 
いつのまにか、自分で信じ込んでいたようなのです。


------------------------------------------------------------
483 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/01(日) 21:00:07 ID:eWR3qFSj

Kは、その他にもN嬢に、母国語でなにやら言っていました。 
N嬢が立ち上がって、別な場所に行こうとすると、それを追いかけます。 
 危険を感じ取った男子学生数人が、N嬢とKの間に割って入ると、 
その男子学生たちを、大声で罵倒します。 
 ひとしきり喚いても、彼らが動かないと、お膳を蹴飛ばし、空になった 
ビール瓶を拾い上げて振り回します。 
 ビール瓶を取りあげようとすると、さらに騒ぎ暴れます。 
 たった数分で、部屋の中はもう滅茶苦茶になりました。 

 その騒ぎの中、Y君が、トイレから戻ってきたのです。 
 騒ぎは、聞こえていたのでしょうが、数分間で変化した部屋の状態に、 
さすがに驚いた様子でした。 

 KがY君を見つけて、ビール瓶を投げつけます。 
 ビール瓶はY君には当たりず、壁にぶつかります。 

 次の瞬間には、あっと思うまもなく、Y君は、もうKを取り押さえていました。 
 Kの頭髪をつかんで、頭を抑えつけたのです。 
 ちなみにY君は、隠し芸でリンゴを握りつぶすほどの握力です。 


------------------------------------------------------------
487 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/01(日) 21:02:45 ID:eWR3qFSj

 その体勢のまま、Y君はKを部屋の外に、引きずっていきます。 
 Kはいろいろと叫びましたが、何も出来ませんでした。 
 後で聞いたのですが、前から後頭部の髪を捕まれて、頭が下がった体勢に 
なると人は何も出来なくなるそうです。 
柔道で、奥襟をつかまれるのと同じ原理ということですが、私には柔道の 
経験がないのでよく分かりません。 

 どこに行くのかと、数人でついていくと、行く先はトイレです。 
 トイレの手を洗う水道の下には、大抵、陶器でできたすり鉢上の 
シンクがついていますよね。 
 Y君は、そこにKの顔を押し込んで、頭に水をジャブジャブかけて 
いたのでした。 
 これも後で聞いた話ですが、「本当は便器に顔を押し込んでやるつもり 
だったけど、可哀想だから、シンクで勘弁してやった」と言ってました。


------------------------------------------------------------
492 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/01(日) 21:05:35 ID:eWR3qFSj

私は、「Y君、怖いよ」といいつつ、一方でKの不幸をひそかに 
喜んでいます。 
ここ2ヶ月で、私の性格も随分悪くなっているようです。 

 宴会はその場で解散。 
私たちの大学の学生は、その「ちょっと高級な飲み屋さん」から 
永久追放とあいなりました。 

これが、事件その2でした。 

 その後、どうなったかというと、実はまだ結末はついていません。 

 Y君自身は、A社に未練はないようですが、A社の方からアプローチが 
続いていて、またもや、わが講座の先生が説得に当たっています。 
 A社で、研究に参加し、就職するのかどうか、Y君が答えをだすのは、 
ゴールデンウィーク明けです。


------------------------------------------------------------
498 名前:3月の騒ぎ ◆N9cmoe2A0A 投稿日:2005/05/01(日) 21:10:57 ID:eWR3qFSj

 KはA社から、共同研究にかかわることは、完全に拒否されています。 
 本人はいまだに自分が悪くなかったと言い張っていますが、 
昨年からの続けていた研究はどうするつもりでしょうか? 
 下手をすると大学にいられなくなるかもしれません。 


 K’、K’’は、自分たちの講座の先生に、こっぴどく叱られました。 
 当然ですよね。 
 ここ十数年続いていた、A社と大学とのよい関係が続いていたのですが、 
今回の件で、それもおかしくなりそうです。 
 大学全体のA社への就職の「枠」が少なくなりかねないのですから、 
将来的にも禍根を残すことになりそうです。 

 しかも、彼らは講座の先生から「他の就職先は紹介してやらない」と 
言われたそうなので、彼らにはA社しか残っていません。 

 そして、どうもA社からは、「Y君を研究に連れてくれば」あるいは 
「Y君が君らの謝罪を受け入れれば」という条件付で、「共同研究に 
参加させてもいい」と言われているようなのです。 

 休み前は、毎日、うちの講座に謝罪に来ていました。 
 Y君は、彼らをあまり相手にしていません。 
 むしろ、Hさんが、いろいろと彼らを苛めています。 
「丸坊主にして、土下座すれば、Y君も許してくれるかもよ」とか、 
「ウチの講座の掃除を毎日やれば、誠意が伝わるかも」と言っています。 

 これが、私の4月の半ばにあった、「韓国人と一緒に仕事して 
困ったこと」です。 

 Kに関して、動きがあれば、またお知らせします。