×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

狂猫氏、闇討ちさる! 3
狂猫 ◆rLbKbV6QTE氏 闇討ち 1 闇討ち 2 闇討ち 3




35 名前:狂猫 ◆rLbKbV6QTE 投稿日:2005/08/08(月) 10:36:21 ID:YZHJX0K7

えーっと無事、生還してまいりました。皆様ご心配をお掛けしました。 

社長からしばらく自宅療養してろとのお達しで、しばらくヒッキー状態が確定しました…orz 
海いきたいよー!! 


------------------------------------------------------------
39 名前:狂猫 ◆rLbKbV6QTE 投稿日:2005/08/08(月) 10:43:27 ID:YZHJX0K7

037>おめでとうございます。 
037>彼女との短い蜜月はいかがでしたか? 
037>この後も、しっかりご養生なさってください

蜜月といいましょうか…病院で大死君が嫉妬マスクと化した事件がありましたが。
まあ別段変わりなくすごしました。 
退屈だったー… 

それでは、いまから事の顛末をまとめます…社長やりすぎ!! 


------------------------------------------------------------
44 名前:狂猫 ◆rLbKbV6QTE 投稿日:2005/08/08(月) 11:03:53 ID:YZHJX0K7

まとまった部分を投稿…ながいなー 

第一章 :キムチの奇襲 

まずは私が襲撃された件についてです。 
その日私は行きつけの飲み屋さんで仲間と気持ちよく飲み明かしてた状態でした。 
しかし、私はこのまま飲み続けては自宅で待つ戦乙女が、地母神カーリーと悪魔合神してして
しまいそうなの、先に暇をつげ、飲み屋を後にします。 

そして、人通りが適度にある道をタクシー捜して歩いてたとき、 
「…ニダ」「…スミダ」「チョッパ…」…不吉な声が聞こえます。 
振り返って辺りをキョロキョロ…完璧に挙動不審者でしたね私は…orz 

そして、あるグループと目が合います。 

センサー起動……サーチ完了 
ホブニダー1 
ニダー2、ニダー3 
レーサーニダー1 

ホブニダーは私をにらみ、なにかメモらしきものを見ながらこちらに… 
そして私の体の一部に視線を向けてきます。 


------------------------------------------------------------
52 名前:狂猫 ◆rLbKbV6QTE 投稿日:2005/08/08(月) 11:47:18 ID:YZHJX0K7

第一章まとまりました、投下 

じつは私には目立つ傷跡があるんですが、そこをじっと見ています。 
私は警戒しながら???状態でした。 
いやーな予感がしてジリジリと距離をとる漏れ、視界の隅に塩ビパイプの廃材確認(長さ1.2m程度) 

そして、突如私に向けてホブニダー1が聞き取れない言葉で叫んだ後、殴りかかって来ました。 
それにつづく、ニダー2、ニダー3&レッサー… 

私は被弾しつつ、なんとか逃げて塩ビパイプを手に取ります、そして突っ込んできたレッサーニダーに
カウンター気味の胸突きを決め、さらに顔面を踏みつけます…レッサーはこれで沈黙 
私は再び逃走します…しかし…誰も助けてくれない・゚・(ノД`)・゚・。 
ちなみにこの段階で私の左腕は浅く切りつけられて血だらけ… 

しかし、連中は妙に足が速く、ある路地で追いつかれます。 
そしてニダー2がつかみかかろうとしたところを、力いっぱい脳天に塩ビ管をたたきつけたところで、
他のニダーがつかみかかり。もみくちゃ状態になります。 


------------------------------------------------------------
54 名前:狂猫 ◆rLbKbV6QTE 投稿日:2005/08/08(月) 11:49:04 ID:YZHJX0K7

こうなるともう勝ち目がありません、ただ負けてなるかと思い、 
すこし向こうの攻撃が収まった瞬間に、組み付いていたニダー3の指をつかんで○り、 
さらにホブニダーの○的をつかみ、そのまま壁に顔面からたたきつけ、うずくまったところに
思いっきり顔面を踏みつけたところで、後頭部になにか衝撃がはしり、以後の記憶がはっきりしません。 

どうもその後警察がやってきて、ニダー2は逃走し、ホブニダーとニダー3はタイーホ…
レッサーは早々に逃げ出した模様 

社長の話だと、ニダー3は肋骨骨折&前歯が折れ、さらに右手首と右親指が折れていて、ホブニダーは
鼻骨骨折、前歯損傷、左腕肩脱臼、顔面おろし金状態だったようだ… 
おかしいな…ホブニダーの顔面の怪我とニダー3の親指骨折はたしかに記憶にあるが、他のは…あれ? 

そして私はそのまま白い車に乗せられ病院へ搬送された模様で、私が気付いたのは病院のベッドの上でした… 

リアルで「知らない天井だ」をやっちまった…orz 


------------------------------------------------------------
58 名前:狂猫 ◆rLbKbV6QTE 投稿日:2005/08/08(月) 11:57:03 ID:YZHJX0K7

ちなみにレッサーは日本人です…帰化かもしらんが…詳細は不明 

wizを思いついた人せいかーい 


------------------------------------------------------------
70 名前:狂猫 ◆rLbKbV6QTE 投稿日:2005/08/08(月) 12:31:43 ID:YZHJX0K7

えっと…私の傷ですが… 
左腕に切り傷…4針縫いました 
右目が腫れて今見えません…orz 
さらに肋骨二本にヒビ… 
左小指にヒビ 
頭は包帯だらけ…打撲のみ、不幸中の幸い 

けっこういたひ… 


------------------------------------------------------------
75 名前:狂猫 ◆rLbKbV6QTE 投稿日:2005/08/08(月) 12:42:31 ID:YZHJX0K7

う、ご飯が呼んでる…続きは昼飯のあとに…なんか笑顔がこわいなー 


------------------------------------------------------------
104 名前:狂猫 ◆rLbKbV6QTE 投稿日:2005/08/08(月) 13:43:51 ID:YZHJX0K7

ただいまー…右手が無事だからまだ楽だったな… 

続きの投下します 


------------------------------------------------------------
105 名前:狂猫 ◆rLbKbV6QTE 投稿日:2005/08/08(月) 13:45:01 ID:YZHJX0K7

第二章 悪魔社長の逆襲 

さて、病院で気がつき、さらに警察に少々の尋問モドキをうけ…
「最近良く合うね」と警察の人にまた言われたー・゚・(ノД`)・゚・。 

落ち着いたところで、戦乙女と社長に連絡。 
この段階では第一容疑者は当然金○さんで、例の本屋さんのトラブルは思考のかなたでした。 
なんせ金○さんには強力な動機がありますからねー 

そして次の日、悪魔社長が大死君をつれてお見舞いに…そのときの状況は某所ノロケにでも書くとして… 
子細の打合せと、金○さんの監視の引継ぎをお願いし、さらに逃走したニダー2&レッサーの特徴を伝えます。 
この時点で警察は逮捕した連中から本屋ニダにあたりつけてたみたいですね…知らなかった…orz 


------------------------------------------------------------
107 名前:狂猫 ◆rLbKbV6QTE 投稿日:2005/08/08(月) 13:47:44 ID:YZHJX0K7

これ以後は悪魔社長の伝聞です。 
社長はまず界隈をしきる方に連絡し、情報の確認をします。 
さらに、繁華街で起こった事件ですから、襲撃犯は飲み屋さんにも当然顔を出してると推測し、
情報提供を頼みます。 

そしたら…レッサーが網に引っかかりました。 
レッサーはある店の常連で(店にとってはなはだ迷惑な)、 
顔の特徴が一致、さらに私を襲撃した当日にその店に行ったらしく、服装、人員構成ともビンゴ 
! 
レッサーはツケで払ってましたから当然住所&名前が店にありますし、 
そして都合のいいことにニダー2は店の娘を口説いていたらしく、その娘に名前と自宅の電話番号を教えてたそうです。 
社長はニダー2に間違い電話を装って電話し、住所を確認します。 

下のように事務の女の子に電話させたそうです… 

事務:「もしもし?ニダさんのお宅ですね?ニダさんあてに現金書留があるのですが、配達時お留守で
    したのでお預かりしていますが、配達は何時ごろがよろしいでしょうか?」 
ニダ:「おお、いくらニカ?いまから来るニダ?」 
事務:「はい、では今からお伺いします、確認ですが○○市○○番地のニダさまですね?」 
ニダ:「その住所は前の住所ニダ!○○市◇△番地が正しいニダ!!!」 
事務:「分かりました、ではお伺いします…」 

社長…オレオレ詐欺よりたちが悪いと思うのは私だけでしょうか…orz 


------------------------------------------------------------
108 名前:狂猫 ◆rLbKbV6QTE 投稿日:2005/08/08(月) 13:48:34 ID:YZHJX0K7

社長はすぐに二人に監視を派遣し、所在を確認、さらに敵の逃走経路封鎖のためゼンリンで道を確認します。 
そして、社員を総動員して、まずはニダー2を確保に向かいます。 

そしてニダー2の家に到着、配置した草から地図に記載の無い小道を押さえ、逃走経路を封鎖し、
ニダー2の家に向かいます。配達員を装ってドアを開けさせ、すぐにひきずり倒し、社員で総出で
”丁寧”に動きを封じ、そして実力で沈黙してもらい、1t土のうの空袋に詰め込み、4tユニックで
吊り上げ、お持ちかえり…付近の人はただの荷物運搬としか思ってません。
…電話で根回ししたもよう 

社長…テギワヨスギ 

そしてその足でレッサー宅を襲撃…同様にして確保… 
話を聞いたときあまりの手際よさに一瞬記憶飛びましたよ… 


------------------------------------------------------------
109 名前:狂猫 ◆rLbKbV6QTE 投稿日:2005/08/08(月) 13:49:32 ID:YZHJX0K7

そして、そのままユニックに二人をのせ、ある山奥にあるわが社所有の産廃処分場へ… 

産廃処分場に到着した後、1t袋からニダ二人の顔だけを出し、ガムテームをはがします。 
そしてクレーンで再び上空に吊り上げ、投光器で光をあて、その脇でバックホウで穴を… 
二人はガクブル状態だったそうで、泣きながら命乞いをしてたそうです。 

その状態で尋問開始。(伝聞のため会話は一部私の想像が加わってます) 

悪魔社長:「君たちには二つ選択肢がある」 
悪魔社長:「このまま大地に帰るか、それとも……君たちの自主性に期待する」 
ニダーズ:「あqwせdrftgyふじこ(泣きわめきながら)」 
悪魔社長:「ふむ、やはり塵は塵か…大死君」 
大死君 :「はい、これに…」 

ホッケーマスクを被った大死君…取り出したものはチェーンソー… 

悪魔社長:「やれ…」 
大死君 :「御意」 


------------------------------------------------------------
113 名前:狂猫 ◆rLbKbV6QTE 投稿日:2005/08/08(月) 13:50:19 ID:YZHJX0K7

大死君はバックホウのバケットに乗り、吊り上げられたニダー2の土のうに刃を当てます… 

ニダ2 :「まってくれ、私は知らない!頼まれただけだ!!」 
悪魔社長:「だれにたのまれた」 
ニダ2 :「詳しくは知らないニダ!本当ニダ!!このレッサーに誘われたんだスミダ」 
悪魔社長:「大死君…」 

大死君は再びチャーンソーを今度はレッサーの土のうに当てます… 

レッサー:「まて、!私は知らない、ただホブの恩人が恥をかかされたから仕返しに協力してくれと頼まれただけだ!」 
悪魔社長:「ふむ…おい下ろせ」 
ニダ2 :「助けてくれるニカ?」 
悪魔社長:「この男に見覚えは?」金○さんの写真を見せます 

二人は首を振る… 

悪魔社長:「そうか、もう用は無いな…上げろ…それと警察へ連絡しとけ、
      あ、○○さんを経由して連絡しろよ、でないと後が面倒だからな」 

ニダーは再び泣き喚きながら吊り上げられたそうで、そして…大死君はチェーンソーを再び起動…
そして土のうの横に切れ目を入れます。 

悪魔社長:「おいお前たち、もうすぐ警察が来る、
      逃げたかったらその穴から抜け出して屋根に飛び移るんだな…おい撤収するぞ」 
社員一同:「へい!!」 

そして撤収する振りをしてあたりで待機して5分後… 

ガラガラガラ!!!というすさまじい音が鳴り響き同時にアイゴーの声がしたそうです… 
どうなったかというと、飛び移った建物の屋根はすでに使ってない倉庫の屋根でしかも出入り口を
荷物で封鎖しており、その屋根はすでに腐りかけていて… 
当然そんな屋根に二人が飛び移ったら屋根ごと二人は落下…うん確かに説得して自分で落ちてもらってるけど…
犯罪… 

そして機械をすべて片付けて証拠を隠滅したころ、警察が到着…二人とも御用となりました…
警察の方なにも聞かなかったそうですけど、裏に手を回したんですか…orz 


------------------------------------------------------------
115 名前:狂猫 ◆rLbKbV6QTE 投稿日:2005/08/08(月) 13:52:22 ID:YZHJX0K7

しかし…ひょっとして私が社長以下他の人たちのストッパーだったの?だれか止めろよ…社長を… 
大死君もUsiel君も部長もその他の人も嬉々としてやってません? 


------------------------------------------------------------
126 名前:狂猫 ◆rLbKbV6QTE 投稿日:2005/08/08(月) 14:03:24 ID:YZHJX0K7

124>社長さん、今も見てるのかな? 
124>これで怖いって言ったら、猛毒はどうなるんだろう・・・ 

猛毒? 


125>手際良すぎ!絶対的に回したくない相手だ。 
125>でもこれだけの事をするって事はそれだけのリスクがあるのに、 
125>そのうえでやってくれてるんだよね。 
125>ちょっとうらやましいような、うらやましくないようなw 

いや…なんつーかこう…orz 


------------------------------------------------------------
132 名前:狂猫 ◆rLbKbV6QTE 投稿日:2005/08/08(月) 14:07:12 ID:YZHJX0K7

129>悪魔社長に「25年前の事ってなんですか?」と聞きなされ 
130>狂猫さんにも話してない25年前の事件があるって書き込みがありました

うへ…って25年前?…聞くのがこわい… 


------------------------------------------------------------
140 名前:狂猫 ◆rLbKbV6QTE 投稿日:2005/08/08(月) 14:12:10 ID:YZHJX0K7

135>ここまで、徹底的にやる人だから、なんとなく想像はできるけど・・・ 
135>中学生って、本でニダ−の鼻っ柱叩いたんですか?

いや、後頭部…涙を流しながら5cmくらいのハードカバーの本の角でゴスッと…それがトドメだった… 

涙を流しながら楽にしてあげるなんて優しい子だ…