×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女の一生は平穏がいちばんだ
32-182氏 韓国旅行企画勃発 変更の経緯と騒動の顛末




419 名前:182 投稿日:2005/03/30(水) 21:23:43 ID:q7eay0T2

182です。経緯などをまとめました。ちょっと長くなりますが、投稿よろしいでしょうか。 

>>363 ♀さん 
回避よかったですね。私も他人事じゃない気分で、トラブル無しに希望の旅行先へ変 
更になればいいな、と思っておりました。 

>>366さん 
>後は「最初は韓国だったのになぜ変更したニダ!!」と言い出す人がいませんように。 
あ〜(笑)  
私の事例ではモロにこれがでまして、会社の顧問弁護士出動という騒ぎに発展しました。 
♀さんの方ではそうなりませんように……。 


------------------------------------------------------------
425 名前:182 投稿日:2005/03/30(水) 21:37:16 ID:q7eay0T2

まずは故人に対して、沢山の温かいレスをありがとうございます。 
祖父は元帝国陸軍少尉を自称しており、普段はひたすら寡黙でしたが、お酒が入ると 
軍隊時代のお話をしてくれました。 
同じ話を何度も聞かされたものですが、今となっては懐かしいです。 
軍隊出身のせいなのか、いつも背筋をぴんと伸ばして歩いていました。痛い苦しい
辛い等の言葉は聞いた事がありません。肺癌は症状がかなり苦しいものだと聞きます 
が、意識が朦朧としている時でもかすかなうめき声をたてる以上はせず

「手間をかけさせて悪いが、病院に連れて行ってくれ」

を例外として、最後まで言葉で苦痛を訴える事無く世を去っていきました。 
この我慢強さが癌の発見を遅らせてしまったように思えますが、辛い時に無言を貫く 
のは戦前を知る人の美学なのかもしれない、とも思っています。 

さて、本題の「社員旅行企画から変更の経緯と騒動の顛末」です。 
社員旅行といっても全社参加ではなく、部署単位での企画でした。業績向上に貢献した
部署へのご褒美という企画(毎年の恒例行事)です。 
その年の旅行企画当選は私が配属されていた部署でした。 

関係者の話によると、古参社員Z氏(仮称)が古くからつきあいのある顧客に
「韓国社員旅行」を猛烈プッシュされたのが始まりだそうです。 
男性向けサービスのあれやらこれやら、いろいろ吹き込まれたZがその気になって 
企画をたてたのだとか。 
二泊三日の旅行中、女性社員がどう過ごすかについては全然考慮されていなかったようです。 


------------------------------------------------------------
427 名前:182 投稿日:2005/03/30(水) 21:40:36 ID:q7eay0T2

ご褒美旅行なので、行き先はよっぽど無茶な話でない限り該当部署の希望通りに 
なるのですが、今回は社長が難色を示したそうです。 

「こんなの、男しか楽しめないんじゃないか? 
 後で女性社員から文句が出るんじゃないか?」
 
と心配したとか。女性社員の身の安全を気にしたわけではなかったようです。 
結局は顧客がらみという事もあって承認になったようですが、せっかくのご褒美旅行
なんだからもうちょっと無難な(みんなが楽しめる)場所にしておけばよいのに、と
承認後も渋っていたもようです。 

それから私の祖父の一件が起きました。 
最初は祖父と私の直属上司が個別面談→祖父が一歩も譲らないので、部署総責任者も
同席になる→社長が気乗りしていないと知っていた総責任者が行き先変更を決断、
という流れになったようです。 

祖父「若い娘を朝鮮に連れて行くとは何事だ」 
上司「何か問題が……?」 
祖父「問題が無いとでも思っているのか」 

こんな感じで、若い女性が行く場所ではないをさかんに繰り返し、所長がお手上げに
なって部長も同席に。 

総責「海外旅行へのご心配は分りますが、それなら外国はどこでも同じで……」 
祖父「朝鮮はケタが違う」<危険度は桁違い、と言い切ったそうです 

二時間ほども時間がかかったのは、祖父が体調不良で時々休んでいたからだったそうです。
一度お茶をいれて持って行ったのですが、祖父に 

「女の子が聞いていい話じゃない、お茶はいいから外していなさい」 

と追い出されました。かなり突っ込んだ話をしたんだと思います。 
詳しい内容は、上司はあまり教えてくれませんでした。祖父に

「婦人の耳に入れるには憚り多い話なので」と口止めされたそうです。
「××(私)さんも聞かないほうがいいよ。詳しく聞いても面白くないから」

と言われました。 
今ならむしろ大いに広めるべきだと思うのですが……。 


------------------------------------------------------------
430 名前:マンセー名無しさん 投稿日:2005/03/30(水) 21:42:53 ID:q7eay0T2

ともかく面談は、企画の進行を止めて旅行参加予定の社員に希望アンケートを
とる事で決着しました。事実上の変更です。 
韓国旅行が発表された時、女性社員と若い男性社員は

「なんでハワイとかグアムとかじゃないの?」

とブーイングとばしていましたから。実は直属上司も、社員Z氏の熱意に押されたと
いう感じで、本心は「やっぱりハワイだよなぁ」だったので、アンケートをとれば
韓国は却下間違いなしです。 
祖父の語った内容がどのくらい影響したか、はっきり分りませんが、体調が思わしく
ない事は会社に報告済みだったので、総責任者は 

「末期癌の身でわざわざ来るほどだから、心配ぶりはかなりのものだ」 

と思ったそうです。 
たぶん、内容自体というより死期が近い事を悟った祖父の態度に迫力があって、 
説得に成功したのだと思います。社長が気乗りしていなかった事も変更になった 
理由のひとつかと。 
アンケートの結果はもちろんハワイ圧勝でした。 

※)私はたまたま用事があってそのフロアに行っていたので、電話突撃ならぬ本人突撃を
  敢行した祖父と鉢合わせしました。 


------------------------------------------------------------
434 名前:182 投稿日:2005/03/30(水) 21:47:12 ID:q7eay0T2

問題の顧客(以下X氏とします)ですが。 
やっぱりというか、社員Zが韓国旅行中止を通知したところ、物凄い剣幕で怒った 
そうです。Zのほうは手がつけられないという事で、さっさと逃げてしまいました。 
旅行手続きの窓口になっていた部署の担当者へ押しつけたようです。電話で 

「よくも顔をつぶしてくれたな」 

等々、大騒ぎだったとか。 
担当部署では、どうしてX氏が激怒しているのかさっぱり分らず、収拾にてこずった
ようです。最終的には会社の顧問弁護士に出動要請があったそうで、かなりも 
めたらしいです。 

関係者によると 

「Xさんは単に自分の知り合いが勤めている旅行会社を紹介してくれただけ。
 値引き交渉したとか、そういう事も一切無し。しかも、行き先をハワイにしただけで、 
 紹介された旅行会社を変えたわけでもない。 
 どっちかというとプランがグレードアップになって、あちら的には悪い話じゃなかった
 はずなのに、何であんなに怒ったんだろう?」 

との事で、本気で理解できなかったようです。私にも分かりませんでした。 
まあ確かに、変更のタイミングが申込〆切のぎりぎりで、旅行会社には相当の骨折りを
させてしまったらしいので、その件でX氏は知人から文句を言われたのかもしれない、
とその時は思っていました。 


------------------------------------------------------------
440 名前:182 投稿日:2005/03/30(水) 21:52:29 ID:q7eay0T2

ここまで書いていて、ふとお守り珍獣Esさんの体験談を思い出しましたが……
顧客X氏は在日韓国人か帰化人だったのかも。 
祖国否定→差別だ!→火病の定番コースを辿ったのかなと想像していますが、韓国旅行の
際に男性向けサービス斡旋をして一儲けを計画したのにダメになったから激怒、の
可能性も捨て難いです。 
今となっては真相は分りません。 

X氏の言動は 

・なんで自分に断りも無く韓国旅行を取りやめた、とさんざん文句を言う  
・なぜか金銭を要求 

で、特にお金の話が出たため、対応した担当者は即座に社長へ報告、弁護士に 
一任となったようです。 
今だから「ああ、仕事スレで見かけるアレだったのね」と納得できますが、当時は 
どうしてもX氏の行動の意味がわかりませんでした。 

この件以来、ご褒美旅行という慣例は廃止されました。代わりに、年末は騒動の 
発端となった私がいた部署だけ「全員参加の社員研修会」が開催される事に。 
行き先だけは温泉ですが、実際はホテルの会議室に缶詰。自由行動はほとんど 
無しのカリキュラムが組まれたハードスケジュール版を三泊四日に渡って堪能す 
るツアーです。きっと社長のお仕置きだったに違いありません。 
私は翌年のお勉強会には参加でしたが、その次の年には部署異動になったので 
苦役は免除となりました。 
これも逆法則だったりして。 

長い割に大した事のない内容で、ご期待を裏切ったかもしれません。
お話はこれで終わりです。ありがとうございました。 

追伸:少し前になりますが、祖父の年回忌法要がありました。
温かいお言葉をたくさん頂きました事も併せてお礼申し上げます。