×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ソウルに文化の香り無し
77-053氏  




53 名前:マンセー名無しさん 投稿日:2005/05/16(月) 11:05:04 ID:5SYKT+tG

一昨年、仕事でソウルに約1年派遣されました。 
俺自身は韓国人と直接接する仕事ではなかったので、 
このスレにふさわしい体験はないんだけど、 
韓国滞在で一番つらかったのは、コンサートや美術館がほとんどないこと。 

俺はクラシックのコンサートに行くことと、休日は美術館に行くことが 
趣味なんだけど、韓国はソウルのような大都会でもクラシックの 
コンサートは極めて少ない。ソウルフィルなどの地元の楽団の定期公演は 
あるのだけど、海外から著名な指揮者、楽団、ピアニストなどが訪れて 
公演することは全くと言っていいほどない。 
滞在期間中、ただ一度だけ、韓国出身のヴァイオリニストのチョンギョンファが 
ソロコンサートを開いたが、それが唯一。 
美術館も同様に少なくて、少ないだけでなく展示内容もお粗末な限り。 
世界的に名のある名画などはほとんどない状態。 

ソウルに暮らして初めて東京の凄さを実感した。 
東京に住んでると、首都圏に限っても毎月毎月何人もの著名なクラシック音楽家が 
ひっきりなしに来日公演をしている。リーマンの身分ではとても全部にはいけないくらい 
大勢の音楽家が来日するし、NHK交響楽団を筆頭に国内の楽団もかなりレベルが高い。 
クラシックファンにとっては、夏は松本のサイトウ・キネン・フェスティバル、 
冬は各地の第九コンサートと、既にクラシックに関する日本特有の文化が出来上がっている。 
上に書いた状況は、別に韓国に限ったことじゃなく、日本以外のアジアの都市全般の状況だと
思うが、日本に生まれてつくづく良かったと実感した。 


------------------------------------------------------------
54 名前:53 投稿日:2005/05/16(月) 11:14:05 ID:5SYKT+tG

ちなみに、韓国ではテレビでもクラシック音楽の番組はほとんどないんだよね。 


------------------------------------------------------------
64 名前:53 投稿日:2005/05/16(月) 13:46:48 ID:5SYKT+tG

コンサートに関しては、箱がないってのもあるとも言われている。 
1000〜3000席クラスのオーケストラを呼んでペイするコンサートホールがないらしい。 
でも、東京だってサントリーホールやオーチャードホールとか紀尾井町ホールなんて 
立派な箱ができたのは、ここ20年くらいだけど、それ以前から大物音楽家は来日してるから 
箱がないだけが理由だとは思えない。 
箱がないというより、箱を満たすだけの観客を集められないのかもしれない。 
サッカーW杯みたいなスポーツイベントにも客が集まらないみたいだし、 
金を払って文化を楽しむという文化が育ってないのかもしれない。 
日本の場合は、芝居や役者絵、浮世絵など、庶民でも江戸時代から金を払って文化を楽しむ 
伝統があったから。