×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

社員から降格したK君の騒動 2

104 名前:92 ◆a5T4wJohEc 投稿日:04/12/15 19:10:29 ID:HpE7wGL6


トリ付けてみますた 
大丈夫かな? 

解雇後、偽ベンベンと共に現行犯タイーホされたチョソの話。 
仮にK君としましょうか。(わかりすぎ?) 

日頃から、 
「ウリは韓国語を話せない在日にハングルを教えているニダ<`∀´;>」 
と自慢げですた。(↑休みや早退の理由の1つだった) 
ですので当然「ニダニダ」と訳の解らない言語のお客様はK君の担当でつ。 

ある日、若い女性が ニダニダニダ<ヽ`∀´> 言いながら 
来店しますた。当然漏れは 
「K君接客おながいしまつ」と呼び、K君と女性が話していると 
女性がとっても困った顔してます。 

挙句のはてに女性が「Anybody speak English?」と言ったのな。 
英語は漏れの担当ですたので「Yes, I do. Just a little」 
と答えると・・・ 

------------------------------------------------------------
106 名前:92 ◆a5T4wJohEc 投稿日:04/12/15 19:26:02 ID:HpE7wGL6


「彼(K君)はコリアンらしき言葉をしべっているのニダが 
 イウォーク語(?)の様に何を言っているのか理解できない」との事。 
唯一、彼女が理解できたのが 
「どこに宿泊してるニダか?」だったそうでつ。 

で漏れが英語にて接客終了。女性もお買い物ができて大喜び 
「韓国にオミヤゲニダ」と50Kほど化粧品やら香水やら救心(ナゼ?)を買ってくれますた。 

で、バックヤードにてK君に 
「藻前ハングルしゃべれんのとちゃうんかい?」 
と聞くと 
「あの女は田舎物でナマリがひどいので、ウリは悪く無いニダ」 
「ウリのハングルは完璧ニダ」だそうでつΣ(゚Д゚ υ) 

しかし彼女が理解できた「どこに宿泊してるニダか?」 
ですが、K君はそれを聞いて一体何をしようと… 

------------------------------------------------------------
109 名前:92 ◆a5T4wJohEc 投稿日:04/12/15 19:48:30 ID:HpE7wGL6


>>108 
警察関係者(刑事?)←その通りでし。 
「警察の方からもらった名刺の名前」=「×○さん」ですた。 
漏れは警察の方が、名刺を持っていることにその時は驚いた訳だが。 

後に弁護士さんが教えてくれたのですが、既知の手法だと仰ってますた。 

------------------------------------------------------------
112 名前:92 ◆a5T4wJohEc 投稿日:04/12/15 20:18:46 ID:HpE7wGL6


>111 
普通なんですねぇ。知らんかったよ。 

でこれも、K君のおこした事件(?) 

ある日、フリーターの女の子(仮にY美としましょうか)から 
「店長ちょっと…」と相談をうけますた。 

K君が漏れの店に移動になる前に、雇った子なんだけど 
Y美ちゃんはお客様受けが良く、化粧品に詳しいので 
漏れ的にはとっても、良いスタッフだったんですな。 

で、お店撤収後ファミレスで… 

Y美: 「あのですね、Kさんにコクられたんですが…」 
漏れ: 「(°Д°)ハァ??で?漏れにどうしろと??」 
Y美: 「彼氏もいるんで、と断ったんですが…」 
漏れ: 「あ〜彼氏おったよな。この間打ち上げでメシ一緒に…」 
Y美: 「そうです。でKさんがですね…」 
漏れ: 「どうしたん?」 
Y美: 「俺が姦国人やからやろ!!(恕)って大声で言うんですよ」 
漏れ: 「( ゚Д゚)ポカーン」 
Y美: 「違います。彼氏がいるのでゴメンなさいと言ってもですね」 
Y美: 「差別や!!(恕)絶対そうや!!と」 
漏れ: 「差別?そうなん?」 
Y美: 「違いますよ。ただキモイですけど」 
漏れ: 「( ̄w ̄) ぷっ確かにキモイなぁ」 

------------------------------------------------------------
115 名前:92 ◆a5T4wJohEc 投稿日:04/12/15 20:56:29 ID:HpE7wGL6



Y美によると、K君は顔を真っ赤にして、ガクガクしながら(?) 
大声で「差別してる」だの「くぁwせdrftgyふじこ」だの 
訳のワカラン事を叫ぶそうです。で毎日電話してきて困っていると。 
漏れにどうにかしてくれと言うのです。 
さすがに毎日電話は、まるでストーカーだしY美が相当怖がっていたので、 
後日、漏れはK君に注意するとY美に約束しますた。 

==後日== 
漏れ: 「K君、あのな」 
K君: 「はい。なんでしょう」 
漏れ: 「プライベートの事はあまり、干渉したく無いねんけど…」 
K君: 「プライベートですか?」 
漏れ: 「Y美ちゃんがな、困ってる、どうにかしてくれと」 
K君: 「困ってる?どうしてニダ」←この時顔はすでに真っ赤 
漏れ: 「毎日電話とかしてるやろ。お前の気持ちはわかるけど…」 
K君: 「ガクガクブルブル<丶`∀´>」←体が痙攣し始める。漏れ怖い 
漏れ: 「はっきり言うで、ふられたんや。」 
漏れ: 「これ以上しつこくしたら、ストーカーやで。もうやめと…」 
K君: 「ギャー!!差別や<丶`∀´>お前も差別やぐわぁらら…」 

なんか、口のまわりにつば一杯ためて絶叫しはじめますた。 
漏れそのときファビョーン知らんかったんで、マジで癲癇かなんかの発作だと思ったよ。
めっさ怖かった。