×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

漏れの酷い目

858 名前:マンセー名無しさん 投稿日:04/06/02 04:02 ID:qHyct6Lt


昔の話になるが派遣で仕事をしていた頃、派遣先のパートのおばちゃんの中にキムと言う
リアルカンコックがいた。ちなみに彼女たちの仕事は設計図の整理。 

それまではオレはザイにもリアルにも運良く遭遇したことがなかったから、
あまりのキムチ&ニンニク臭さにかなり驚いた。最初は食生活が違うからしょうがない、と
思って気にしていなかったが、時間が経つにつれカンコックらしさ全開に。

頼まれた仕事を勝手に他人に振るし、今日中と言って頼んだ仕事を終わらせずに早退。
呆れ果てて他のおばちゃんに聞くと

「あの人は韓国だから」 

と苦笑いしながら言っていた。 

------------------------------------------------------------
859 名前:マンセー名無しさん 投稿日:04/06/02 04:02 ID:qHyct6Lt


そんな事が続いていたある日、ついにヤツがやってしまった。

納入先の担当者に直接手渡すフローチャートを全く準備していなかったのだ!
先方はすでに来社しており待って頂いていた状態。そんな中ヤツは仕事を投げ出し、
席を離れていたのだ。仕事を頼んだのは前日の午後。
チャートは全部で100枚強なので、どんなにゆっくりやっても半日はかからないはず、と
誰もが思っていた。 

しかしキムは我々の期待を見事に裏切ったのだ。
先方にはプリントミスがあったと謝り待って頂いて、部署全員で揃え、無事先方へ
お渡しすることができた。先方は某大手電機メーカーだったが、担当の方は

「今日はこれ持って帰るだけだから大丈夫ですよ」

と笑顔で言ってくれていた。しかしお渡しするときには当然何度も謝った。 

------------------------------------------------------------
860 名前:マンセー名無しさん 投稿日:04/06/02 04:03 ID:qHyct6Lt


なんとか仕事を処理しみんなで一息つくと、上司がキムの行方をおばちゃん達に 
聞き始めた。当然誰も知らないと答えていたそのとき、ヤツが笑いながら戻って来た。 

上司は非常に温厚な人で滅多なことでは怒らないのだが、このときはさすがに違った。 
怒りながらも声を荒げず大人の態度で注意をする上司に対し、突然キムがわめき始めた。
その罵声は他部署の人間も覗きに来るほどのものだったが、日本語ではないらしく
誰も分からなかった。今でこそ分かるがこれが「火病」だったのだろう。 
そんな事を繰り返していたキムだったが、なぜかクビにはならずずっといた。
逆にオレの方が別の派遣先が決まり、その職場を後にした。 

しかしこれがチョン&ザイとの仕事での遭遇の始まりだった。