×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ネット大好き留学研修医 2

414 名前:三式水上安ざ機 投稿日:04/01/18 05:48 ID:4M/f9M8L


もう、数ヶ月前に大学の研究室のニダー留学生さんの話を提供すると予告したまま、
友人のお医者さんの話をしただけで終わってしまっていたものです。
よくよく考えてみると博士課程のある大学なんて専門がわかれば狭い業界なので
すぐ特定されてしまうので、書き方を考えているうちに、凄すぎるネタが続いたのと
個人的に忙しかったので間が開いてしまいました。 
連投ですが、お許しください。 

------------------------------------------------------------
416 名前:三式水上安ざ機 投稿日:04/01/18 05:59 ID:4M/f9M8L


まず、学歴のことですが・・・。 

留学ニダーさんは当初紹介では「アメリカで博士号を取った」と言う自己紹介で
うちの研究室の教授に連絡を取ってきたそうです。旧帝大系や一部の有名私立大でも
ないうちの大学は研究成果は別にしてもスタッフや支援体制に余裕がありません。
もともと、うちの教授は断るつもりだったそうですが、

「自分は海外留学経験で博士号も持っている自分で十分学べる」 

という強い要望で結局研究生受け入れを決定しました。で、来ててみて色々話が違う・・・。 

最初、米国に留学し博士号と言っていたのに
→博士号は韓国で取ったことが判明→米国留学ではなくドイツ留学だったと主張→
ドイツ留学ではなく、ドイツに留学した配偶者についてドイツに行っただけと判明
(しかし、本人はドイツに行ったのだから「実質的留学」と主張)

なんかキャリァの話がだんだん怪しい方向に。
さらに結局もともと修士・博士を取った学位の専門分野自体が微妙に違う・・・。
こちらの専門の基礎方法論について全く習得していない・・・、ことが明らかになり
ました。本人は博士課程の受験を強く希望したようなのですが修士課程受験以外
受け入れない、ということで、しぶしぶ修士受験で受け入れたそうです。 
一応、自然科学的手法をとる分野なので修士でもどうかと思うけどなぁ。 

------------------------------------------------------------
417 名前:三式水上安ざ機 投稿日:04/01/18 06:12 ID:4M/f9M8L


このニダー留学生さん正式な修士入学は来年度からで、まだ本格的な研究には移って
いないのですが、週一度のゼミに出席するだけで研究自体の見解や自分の研究目的や
計画を全く提示もできていないまま、一度韓国の業界制度について一方的な報告を
行っただけで、そのまま放置の状態になっています。

どうも、他の学生がする研究に上手く便乗する形で自分の研究も進めようと考えて
いるようです。まぁ、そんな割には口だけは達者で、 

「東京大、京都大は韓国でも有名だが、○○大(うちの大学です)は完全に無名で、
 地域すら知られていない。私がこの大学に来たことで、韓国でこの大学は学会など
 でも有名になりましたよ」

とか、ハングル板でおなじみの、

「日本のITや研究体制は遅れすぎている今のうちに韓国のいいところを見習って
 置かないと中国に抜かれますよ。」なんて感じです。
 
この留学生の日本語については確かに立派なものですが、うちの研究室の人間は 
どうも、「日本語で上手くコミュニケーションができていないんだろうな 
ぁ」という印象で話半分で聞き流しています。 

------------------------------------------------------------
418 名前:三式水上安ざ機 投稿日:04/01/18 06:35 ID:4M/f9M8L


まぁ、色々この留学生さんの実害らしき部分も出始めているんですが、これは 
とりあえず、置いておいて印象的なやり取りを報告します。 
研究室の食事会の際の話です 

ニダーさん(以下「二」)「この前京都奈良に行ってきました」 
研究室の人間(以下「研」)「ほう、如何でした?」 
二「驚きました。あそこは韓国です」 
研「はぁ?」(ここでハン板住人の自分と後輩Hはニヤニヤし始めます) 
二「あの建物の様式はまさに百済です。百済の建物を見ているようでした」 
安ざ機(以下「安」)「(冗談を聞く笑いを浮かべながら)ほう、百済の建物といいますとどういうものと似ているんですか?」 
二「伝統的な韓国の建築と似ています」 
安「はぁ。瓦のある白壁の建物というと中国の文化圏に共通するもので、百済のと主張される意味が理解できませんが」 
二「そういう問題ではありません。あのあたりには百済の息吹が今も息づいています。
  あのあたりの方言はまさに韓国南西部の百済のあった地方の(現在の)イントネーションに似ています」 

この後、長々と疑問形語尾のイントネーションの抑揚の無さが似ているだの、語感の
響きが似ているだのと関西弁との共通性を主張。 

後輩H「(冗談の文脈で話をしているような笑みを浮かべながら)
    その話は僕の地元地方にもあって、僕の田舎の方言の語感や抑揚はフランス語と
    共通点が見られるんですよ、フランス語はもともと僕の田舎の香川県の領土だったと
    言われています(笑)」 

研究室のみんなは私と後輩の表現で冗談の言い合いだと思っていたみたいなのですが、
この留学生がその後急に機嫌を悪くして色々と韓国機嫌と日本の歴史の無さを主張
(冗談に聞こえたようです)していたので、冗談を言っているのか真面目に怒っているのか
場の雰囲気をつかみ損ねておりました。 

今回はとりあえず、これでおいとまします。おいおい報告を。