×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お母さん直伝の訪問販売撃退法
珍獣 ◆bCA6EANVkE氏  




------------------------------------------------------------
138 名前:珍獣 ◆bCA6EANVkE 投稿日:2005/07/25(月) 08:47:48 ID:WiZFWl3a

|_・) コソッ 

昨日、なんだか妙に馬鹿っぽいことに遭遇したんで整理しまつ… 





あ〜…顔がいたひ… 


|彡 サッ 


------------------------------------------------------------
146 名前:珍獣 ◆bCA6EANVkE 投稿日:2005/07/25(月) 10:44:06 ID:VmEnBem0

たいしたネタでもないし、直接かの民族と確定したわけでもないけどupします。 

昨日はちょこっと朝から書き込んだように、出勤だったわけです。 
実際、復帰して初めての日曜ってこともあり、本当は予定を入れたくなかったわけです。 
(ええ、ぶっちゃけ土曜日にかなり怒られましたよ…_| ̄|○) 

まぁ、メーカーが修理にくるというのでその立会いだけだったんですけど…
それが思ったよりも早く終わったんで、ご機嫌とりも兼ねて速攻で帰ることにしたわけです。 

で、家まであと5分というぐらいの時点で、電話が… 

Yちゃん「珍獣さん。なんか変なのが家の前に来てる!」 
珍獣  「!?? どんな風貌? モニタ見てみて?」 
(注…現在家には防犯用に某氏から頂いた監視カメラとモニタが設置してある…) 
Yちゃん「普通のスーツ姿で、なんかごっつい金属っぽいカバン持ってる」 
珍獣  「じゃぁ、もう5分もすればつくから待ってて」 

それからきっちり5分後… 
帰り着いた私の前に、ドアの前で「すいませ〜ん、だれかいらっしゃいませんか〜」と延々と
叫びつづけるスーツ姿の男を補足しました。 

ええ、そりゃ最近のハン板の流れもあるし、解決したとはいえ、取りこぼしがあるのかもしれないと、
臨戦体制(ちなみに、上から…殲滅、臨戦、戦闘、警戒の順ニダw)にいつでも移行できる準備をします… 


------------------------------------------------------------
147 名前:珍獣 ◆bCA6EANVkE 投稿日:2005/07/25(月) 10:45:34 ID:VmEnBem0

向こうも、車が入ってきた時点でこっちに気が付き、妙にほっとした顔をしたのですけど…
車を降りて、思いっきり警戒した感じで…(以下、会話を再現…) 

珍獣  「…どちらさん?」 
スーツ男「あ、私、このたびこの近辺を担当させてもらうようになった○○と言います。よろしくお願いします。」 

エラ張り度…認定一歩手前… 
体臭…………若干キムチのかほり… 
名前…………漢字にすると左右対称 

…一瞬、臨戦体制から殲滅体制に移行しようとしたのは内緒w 

珍獣  「何を担当? ああ、門にも看板かけてるけど、新聞その他一切の商品・宗教などの勧誘はお断りだから、
     速攻帰って。じゃなきゃ、不法侵入者で通報するから」 
スーツ男「いや、そこまで頭から拒否しないでくださいよ。ちょっとだけお話を聞いてくださいよ。」 
珍獣  「(携帯取り出して…)…1、1、0…っと…・」 
スーツ男「ちょ、いきなりですか?」 
珍獣  「言ったでしょ? 不法侵入者で通報するって、第一、ココはすでにうちの敷地内で、門も閉じてたはずなのに、 
     何で入ってきてるの? 侵入者としか思えないでしょ?」 
スーツ男「普通にお客さんとか迎えるときもそんなこと言うんですか? 違うでしょ?」 
珍獣  「だって、客じゃないじゃん。つ〜か、そこどいて? 家に入れないんだけど」 
スーツ男「いや、だからお話を聞いてくださいよ。絶対あやしい話とかをしに来たわけじゃないんですから」 
珍獣  「十分あやしいって…つ〜か、後10秒待って出て行かなかったら本気で110するから…」 
スーツ男「……お願いです。お願いですからそれは勘弁してください」 


------------------------------------------------------------
148 名前:珍獣 ◆bCA6EANVkE 投稿日:2005/07/25(月) 10:46:38 ID:VmEnBem0

珍獣  「…だったら出て行け。邪魔」 
スーツ男「いや、せめて話だけでもさせてくださいよ…」 
珍獣  「…・話? 今してるじゃん? で、これ以上の話をする気はこっちにはまったくないわけ? 解る?」 
スーツ男「いや、商売の話もまったくさせてもらってないじゃないですか。
     せめて話聞くだけでもして下さいよ…じゃないと…」 
珍獣  「10、9、8、7……」 
スーツ男「あう…お願いですよ(泣…誰も聞いてくれないんですよ。お願いですから…聞いてください) 
珍獣  「……(携帯を閉じる)…泣き落としが通じるかどうか…ちょっとは考えろよ…」 

この時点で、警察じゃなくて、実力で排除しようと思ったんですが…
(なにせ、警察がくるまでこの話に付き合わされるのに耐えられそうに無かったんで…)
…ドアの向こう側で聞き耳を立てているなんてまったく予想していなかったわけで… 

Yちゃん「…なんの商品かぐらい聞いてやってもいいんじゃないの?」 
スーツ男「ああ、話の解る人もいてくれたんですねw ええ、じっくり説明させていただきます。」 
珍獣  「…なんて無警戒なんだ…」 

ええ、てっきり油断してましたよ…今まで同居人がいる状況で追い返したことなんて無いわけで… 

スーツ男「それじゃお話しさせてもらいますので、ドア、開けていただけません?」 
Yちゃん「いや、それとこれとは話が別。話聞くだけだったらドア越しでもいいでしょ?
     それに、顔見て話さないと話せないっていうんであれば今横にいる人(まぁ、私のことですけど…)
     見ればいいでしょ?」 
スーツ男「いや…こちらの方は話を聞いてもらえないんで…」 
Yちゃん「じゃぁ、お帰りください。今度は私も止めませんから」 
スーツ男「そんなこと言わないで下さいよ…」 
Yちゃん「…・珍獣さ〜ん。排除ヨロ〜w」(一言一句…こう言った…珍獣含めて…) 
珍獣  「あ…あのねぇ…」 


------------------------------------------------------------
150 名前:珍獣 ◆bCA6EANVkE 投稿日:2005/07/25(月) 10:48:00 ID:VmEnBem0

スーツ男「ああ、わかりました。話ます。今話しますから勘弁してください。」 

で、バッグを開けて私にあるパンフを見せようとするわけですが…
ある意味、Yちゃんは私よりも極悪な部分があったということを知りました… 

スーツ男「えっとですね。私が今回紹介しようとしているのはですね…」(ここで遮って) 
Yちゃん「あ、はい聞きました。いりませんのでお引取下さいw」 
スーツ男「え…まだ話も始まったばかりで…」 
Yちゃん「…だれが、最後まで話を聞くって言いました?」 
スーツ男「せめて…今はやりの韓流グッズ差し上げますから…」 
Yちゃん「韓流ですか? まったくっていうか、頭から興味ないことなんでお話聞く気もなくなります。
     だって、そんな捨てるだけの物いりませんから」 
スーツ男「じゃ…じゃあ…韓国旅行とかの紹介って…」 
Yちゃん「私、まだ危険に飛び込むような勇気ありませんから、行く気ありませんw」 
スーツ男「…・あうあう…成績が…」 
珍獣  「つ〜か…散々韓国ともめてる俺ン所にその話持ってくるのが間違いだっての…」 
スーツ男「お願いしますよ〜〜…買ってくださいよ〜〜〜…じゃないと今月この地区になって一件も契約取れてない 
     どころか話すら聞いてもらえないんですよ…ノルマが…」 
珍獣  「それはあんたの都合、こっちの都合は関係ない。ということで帰れ。帰れないって言うなら実力で追い出すよ」 
スーツ男「あう〜〜…じゃあ、せめてパンフと記念品だけでも…」 

といって、パンフとともに、"本場韓国のキムチ"の元とかかれた袋を取り出すが…
(多分、サンプルで現物も持ってきていた模様…臭いの元はコレw) 
Yちゃん「それなら廃棄物処理料金も一緒に置いていってくださいね。今のご時世ゴミだすのにもお金かかるんですからw」 
スーツ男「あうぅぅぅぅ……」 


------------------------------------------------------------
152 名前:珍獣 ◆bCA6EANVkE 投稿日:2005/07/25(月) 10:49:06 ID:VmEnBem0

それからしばらくは粘ろうとしたんですけど… 

実力で排除しちゃいましたw 
(あ、首の後ろ掴んで引っ張りだしただけですから…問題ないですよ?) 

排除が終わった後、家の中で… 
珍獣  「あのね…ちょっと無警戒すぎない?
     あんなタイプはちょっとでも聞こうという気を見せるととことん来るからあぶないんだから…」 
Yちゃん「だから、珍獣さんが帰ってくるまで待ってたんだよ。」 
珍獣  「??? どういうこと?」 
Yちゃん「お母さん直伝の訪問販売撃退法なの。最初ちょっと聞く気を見せておいて二人して最初の
     ちょこっとだけ聞いて後は叩き落すってw」 
珍獣  「君ら…鬼や…」 
Yちゃん「あははw 珍獣さんに鬼って言われたw」 
珍獣  「せめて、その手の話を先に電話の時にでもしてくれればもうちょっとあわせられたのに…」 
Yちゃん「…・せっかくの日曜日に仕事を入れたバツです。」 
珍獣  「いや…だから…」 


この後、また怒られて、顔を引っかかれました… 

JKを初めとした同僚には跡見られて爆笑されるし…いまだにひりひり痛いし… 

_| ̄|○ 
(終わり) 


------------------------------------------------------------
160 名前:珍獣 ◆bCA6EANVkE 投稿日:2005/07/25(月) 11:01:10 ID:VmEnBem0

153>('A`)ノ~ ノロケ乙!w
154>珍獣氏乙です。激しくワロタ・・・やっぱノロケ話かなぁこれ。 

ノ・・・ノロケじゃないニダ 

155>>この後、また怒られて、顔を引っかかれました・・・ 
155>個人的にはこちらの方が聞きたい(w 

いや…最初(仕事の予定が入る前)はどっか遊びにいこうか〜ぐらいの話をしてて、 
急に仕事がはいったもんで…

まぁ…その後で出かけて(帽子で顔が余り見えないようにするのが大変だった)ご機嫌取りはしましたよ? 
(給料日前日にあの出費は痛すぎる) 


------------------------------------------------------------
166 名前:珍獣 ◆bCA6EANVkE 投稿日:2005/07/25(月) 11:12:03 ID:VmEnBem0

161>しかしよりにもよって珍獣氏に売り込みとは・・・・・・・・・・・・ 
161>その営業売る商品を間違っている以前に、空気読んでないな。 

でもスーツ男の話聞くだけなら、住居近辺は回ってるはずなんで・・ 
もしかすると元々噂になってるのかもです・・・ 
(近々回覧かなにか回ってくるかも・・・) 

162>ますますノロケ乙w

;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン 

163>彼女/奥さん/子供との約束は大事ですね(w  お疲れ様でした(w 傷隠しにどうぞ 
163>つ【マスク(黒or卍付】 
163>つ【ホッケーの面】 
163>つ【鉄火面】 

鉄に火だと顔が焼け爛れるニダw