×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

港は物々交換花盛り
K51-101氏  




101 名前:マンセー名無しさん 投稿日:2005/06/13(月) 11:59:52 ID:HRrS3J9B

貨物船に乗っている友人から聞いた話を投下するニダ。 。 


------------------------------------------------------------
102 名前:101 投稿日:2005/06/13(月) 12:01:08 ID:HRrS3J9B

船が港に停泊中、外国船の乗組員と物々交換をすることがよくあるらしい。 
日本製の日用品は外国人には非常に人気が高い。 
ある日、突然の雨が降った時、ポケットに入れておいた折りたたみ傘を広げて 
作業中のインド人に差しかけてあげたら、ものすごく驚かれたそうだ。 

インド「なにそれ!なにそれ!!傘なのか!?すごいすごい!!」 
友人 「いや、普通の折りたたみ傘」 
インド「インドにある傘は透明ビニールで大きくて、こんなコンパクトな傘はない!」 

インド人が大勢集まってきたので、友人、折りたたみ傘の実演開始。 
骨組を伸ばしてバサっと広げると、沸き上がる歓声「うおお〜!!」 

インド「さすが日本人だ!頼む!売ってくれ!$100?それとも$200くらいか?」 
友人 「いや$15くらい」「そんなに欲しけりゃやるよ」 
インド「うおおおおお〜。」さらに沸き上がる歓声。 
インド「ありがと!ありがと!これお礼!」 

外国産ビール、1ケースをもらった。 


------------------------------------------------------------
103 名前:101 投稿日:2005/06/13(月) 12:02:01 ID:HRrS3J9B

さて、それを見ていた彼の国の船員K。 
インド人達が引き上げるとおもむろに寄ってきて 

K  「ウリは日本語が勉強したいニダ。何か日本語が勉強できる本が欲しいニダ」 
友人「んなもん、ない。じゃな。」 
K 「ま、待つニダ。マンガでもいいニダ。マンガはないか?」 

友人、捨てようとしてたヤング○ガジンがあったので、渡したところ 
お礼の言葉がないのはデフォとして、目が表紙のオネーチャンに釘付け。 
その場でさらに表紙をめくり、グラビアページの水着のオネーチャンにさらに釘付け、微動だにせず。 

友人「オイ!日本語の勉強すんじゃないのかよ!!」 
K 「・・・・・」 
友人「コイツ、全く聞こえてねえ・・・」 


------------------------------------------------------------
104 名前:101 投稿日:2005/06/13(月) 12:03:06 ID:HRrS3J9B

Kが至福の時を過ごしていたその時、彼の国の船長が登場。 

船長「オイK!何を持っているニダ!」 

船長、本を取り上げてパラパラと見る。そしておもむろに表紙とグラビアページを 
ビリビリと破り折りたたむと、制服のポケットにねじ込んだ。 
残った残骸を、船員Kに投げつけて去る船長。 

船員Kはボーゼン。 
一瞬後・・・「アイゴー!アイゴー!ウアアアアアー!」 
その場で突っ伏して号泣。 


------------------------------------------------------------
107 名前:101 投稿日:2005/06/13(月) 12:05:40 ID:HRrS3J9B

友人、我関せずと立ち去ろうとしたが 

K「ま、待つニダ。頼む。ウリにマンガをくれ!」 

友人、先週号もあったので、持ってきてKに渡したところ、お礼が無いのはデフォだが 
Kは作業着のボタンをはずし、さらに下着のシャツの中に本を入れ始めた。 
収納が終わると、友人に見向きもせずに、腹を抱えるように立ち去るK。 

しかし・・・悲劇は続いた。 
遠くから一部始終を見ていた、他の船員数人がKを追いかけ始めた。 
友人によると、それはさながら、バイオハザードの一場面のようだったと・・・。 
逃げても逃げても、限られた甲板上。Kに群がる、姦国人集団。 
つかまったKは押し倒され、胸元をはだけられ・・・。 

アイゴー!アイゴー!の叫び声が途絶えることはなかったそうニダ。