×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

南太平洋の韓国人達
K50-184氏  




184 名前:マンセー名無しさん 投稿日:2005/06/10(金) 03:40:53 ID:gFr9QXRf

海外でダイビングをしていると、Koreanさんとしばしば間接的に遭遇します。 
かつてよく海外でのダイビングをしてたときにはは、まだハングル板もなく、 
現在の嫌韓問題意識もなかったので、本来、もっと詳しい情報を入手できたはず
なので、その点が残念です。 

その1 
ポナペ(ペンペイ)編 
グアム島から東南東に約4時間弱飛行し到着するこの島は、ミクロネシア連邦共和国 
の首都です。日本のマグロ漁船の拠点でもあるこの島の港には中国の赤錆が浮いた 
漁船群以外に韓国プサン船籍のトロール船が1〜2隻停泊指定います。 
それぞれ、後甲板が巨大な網のハンドリング場所、そしてブリッジ前の前甲板には 
ヘリパッドがありMD500(陸上自衛隊のOD-6観測機の姉妹機)が駐機しています。 
このトローリング船は魚もとにかく大量に巻き上げています。現地で問題とされて 
いるのは、冷凍母船に漁稼を移動する際に魚値の低い魚を母船とのランデブー 
地点周辺に捨ててその海域が汚染されることだそうであります。漁値の高い魚を 
できるだけ持ち帰ることがもくてきなのですね。
このことは、ぽなぺ現地では非常に不評でした。 

上陸した韓国人漁船員の問題は聞き損ねました。 

なお、 
ポナペ本当から1時間弱で行けるアンツ島という個人所有の美しい島があります。 
ポナペ島周辺には、白砂の島がありませんから貴重な島です。この島の数100メートルに 
わたる美しい白い白浜に最近(ますます)黄色と赤色で目立つハングル表記の 
ジャンクフードの包装紙がますます流れついています。 
韓国人船員がゴミをい捨てているという証拠はないのですが。 
6年ほど前と比べてアンツ島での「ハングルごみ」の流流は明らかに増えてます。  


------------------------------------------------------------
187 名前:マンセー名無しさん 投稿日:2005/06/10(金) 04:06:25 ID:gFr9QXRf

あの例のKBブリッジが落ちちゃった前に4回ほどパラオに行きました。 
例の橋ですが、実感では欠陥ブリッジだったと思います。落ちる最後の方では、 
路面に赤ちゃんなら海面まで落っこちるだろうなと思える穴が開いていて、 
穴内に露出した鉄筋が細くて数も少なかったように思います。しかも、 
穴の形状ですが、というか穴の露出面のコンクリート表面がモロモロで、 
たぶん打設した生コンクリートの質も低かったのではないかと思います。 
客を乗せたマイクロバスがKBブリッジの路面を徐行で進むと、バスの荷重が 
橋に印加されるとその箇所の路面が下向きにたわむのが判るんですもの。 
下品な言い方ですが、肛門周辺から首筋に掛けて、ぞくぞくーーとした、 
戦りつ感を経験しましたです。 
KBブリッジ落下2年前のブリッジ通過時には家内もマイクロバスに同乗してまして、 
お互いにこのブリッジの通過時には絶対に寝たらだめだぞと−−この橋はいつ落ちても 
不思議じゃないぞ−−と言っていました。 

橋建設の専門家さんで、実際に崩壊前のKBブリッジを通過した方、いるんでしょうか。 

当時のことを思い出して、悪夢を見そうです。